51 ydsdj6wl

お茶を習い始めて二十五年。就職につまずき、いつも不安で自分の居場所を探し続けた日々。失恋、父の死という悲しみのなかで、気がつけば、そばに「お茶」があった。... 続き

コメント

ふぅ、気持ちいい。なんて清しい読後感か。巡る季節、そしてお茶のこと。そしてさらに人生の、日々の営みが混ざり合う。普通のことが書かれているのに、何とも新鮮。映画の後に読んだのも良かったのか?いや、映画の前に読んでも、きっとまた気持ちいいと思う。樹木希林さんにもお礼を言いたい。

その他のコメント

瑞々しい気持ちになる。この本をきっかけにして茶道教室へ通っていたことがあります。それほど心動かされました。

年の瀬に読めてよかった。最初は淡々としたお茶を習う日々が綴られていて、主人公と同じく、お茶の真髄がよくわからなかった。でも、後半から開眼していく主人公の目線がとてもとても美しくて。こんな風に世界を見てみたいと思った。

一番印象的かつ、涙したのは、一期一会の節。p180)いつでも会えると思ったお父さんが急死してしまって。今ある当たり前がいかに尊いことなのか。

「だからこそ、私は強く思う。会いたいと思ったら会わなければいけない。好きな人がいたら、好きだと言わなければいけない。花が咲いたら、祝おう。恋をしたら、溺れよう。嬉しかったら、分ち合おう。幸せな時は、その幸せん抱きしめて、100%かみしめる。それがたぶん、人間に出来るあらん限りのことなのだ。」

最近、色んなことを難しく考えて、素直になれてなかった。それがとても苦しかった。来年のテーマはもっと素直に。そんな気持ちになりました。
2018.12.31

読者

33c7d657 c16f 47ce b380 0f3947cdf737Ce036233 bce1 4238 b04f bbda93f4d716147b636e f7bc 4dcd b95b 758ad1e4092eB801fb69 8df2 47de af65 b9071c9a8482Eac908e6 1551 4ad2 88e5 bc8d447309a622461bf2 dedd 4a1a a3b7 eab34b1bc5f1B81813b6 473e 46cd 90d2 a98ad0bc98f4F594472c 0b62 423f b639 a20c06a365b6 126人

森下典子の本

こいしいたべもの

こいしいたべもの

38aecb1e ab6d 44a9 8407 9f126a093a21

bitte

本の虫

たべものにまつわるエッセイとかわいらしいイラスト ぽっかりとした幸せを感じるお話たち。 夜、読むとお腹がすきます

3か月前

20f858c5 316d 44ab 8eff d3f42571a520Ee494f5e 3fb2 4a42 a84d 019463e66a09Fff70f4a d02e 4323 b181 5a5c24be2dd1 26
好日日記―季節のように生きる

好日日記―季節のように生きる

B7c07a55 361d 4690 b7f4 b95d617328d5

なかむう

小説が好き。

「日日是好日」の続編。こちらも淡々とお稽古の様子や季節の移り変わりが描かれているのですが、それだけではなく所処に気づきがある。お茶を通しての、気持ちの有りようなど。 この本にはスピリチュアル要素は全く無いのに少し前に読んだ吉本ばななさんの「違うことをしないこと」と近いものを感じた。

8か月前