615jamrglvl

いつもの糸とステッチで刺繍できる、おしゃれでかわいい和の図案。200点以上の図案と作り方に加え、すべての意匠の名と意味を、由来や物語から紹介します。 不... 続き

コメント

ときどき刺繍小物をつくって遊んでいるんですが、小学生のときに家庭科の授業で教わった程度なので、もういちど基本のステッチを知りたいなと思っていたところに、好みの図案の書籍を見つけました。自由に刺繍するのもいいけれど、基本は押さえておきたいところです。

著者の千葉美波子さんは、子どもの頃から和名の色辞典を眺めること、家紋や着物の柄、妖怪図鑑を見ることが好きだったそう。大人になって日本古来の図案により深く触れるようになり、ますますその素晴らしさに胸打たれ、今っぽくて本当に使える「かわいい」和の刺繍図案をつくったそうです。

刺繍初心者から刺繍が大好きな方まで、たっぷり楽しめる1冊です。

読者

6cb5df69 ceea 4233 aaae 413922b5218cC9416021 ddcd 4549 a615 2e95cc0f62ac0f57de70 272b 416d 9887 8654e83c6163 3人

新刊

罪の轍

罪の轍

Picture

渡辺洋介

神田村経由専門書版元

オリンピックの身代金でこの時代を描いた著者による実在の事件をモデルにしたミステリ。 「誘拐」本田靖晴+「少年」大島渚の世界感というべきか。寛治の逃避行の先をもう少し見たかった。 カバー写真は傑作写真集「張り込み日記」渡部雄吉としっかりとした世界感はまさにプロの仕事。奥田作品によく出る やたら勢いの良いレフトの活動家も健在。「椅子に片膝を立て、足に水虫を塗りながら」P.46この場面どこかで見たか読んだ気がしたけど どこだろう。まさにこの時代にありそうな場面。 物語で重要な役割を果たす東京スタジアムその跡地は日光街道上り線千住大橋の陸橋で左の視界に入るのだが(ライフの看板が目印、通り過ぎる度にここがあの場所かと再確認する。 名選手榎本喜八もここでプレイしていたのかと感慨深い。そして現役引退後も上鷺宮の自宅からここまで走っていたのかと。

約1時間前

983174f9 85c8 4613 a4d3 84ea2902e0f4Icon user placeholder060fabb6 e250 405a bae0 4c00cce28d08
「すぐやる人」の読書術

「すぐやる人」の読書術

D5457f7c 4637 462f 88e8 e397e32ae453

Takuya Yamamoto

島根県/双子/福祉職→総務課 本…

行動することに重きを置いた本。 確かにそうだよなと何となく思ったり、これまでに実践してきたことを文章にしてまとめてくれている。 「インプット後すぐにアウトプットする」というのは分かってはいるんだけど、強く意識しておかなければなかなか継続する事は出来ないなと感じた。 本書の中にあるアウトプットの基本(USA)やDCAPという考え方は実際に継続して行えるようになれば効果は出てくるのかもしれない。 物事を継続するためにはどうすれば良いのか、ちゃんとヒントも書かれていたので、先ずは実践しながら自分でも試してみるのが良いと思う。 小さなことからでも実践して行く事で、この本を読んだ意味が積み上がって行くのだと思う。 すごく読みやすい。

2日前

Ef51d276 3015 4737 8abf 61f1f41be7e98c5f52e4 60a2 4cad bf82 b8b17396c107Icon user placeholder 8