61pc781garl

秋の田のかりほの庵の苫をあらみわが衣手は露に濡れつつ 天智天皇 春過ぎて夏来にけらし白妙の衣ほすてふ天の香具山 持統天皇 あしびきの山鳥の尾のしだり尾のな...
続き

コメント

読者

00d185b2 2d8c 4763 90f3 56166de23e15

文学