41a5xoefvyl

済波及効果の大きい観光は、地域社会発展のための大きな手段の一つでもあり、日本の力強い経済成長を取り戻すための重要な成長分野と考えられ、最近は「観光立国」の... 続き

コメント

旅行取扱(日本国内)の資格を持つ方には、現状を知る意味で持っておいた方がいいといえる新書。観光の多様化=(マスツーリズム〜コンテンツーリズム,日本人相手〜海外人相手いわゆるインパウンド)といった動向を知るのに適しているし、その一方で観光組織団体が、いかに作られたかの経緯・歴史も紹介されれている。最も旅行取扱主任者の資格は、法律や約款、鉄道などの旅費などの基盤を覚えて試験に臨む。こちらは現状を知る意味で、観光形態を学ぶ本となるのでは?

読者

74912335 138b 480d ab00 0baf0be8aab419827526 a639 4044 9981 d86c526cb750