51ohm6afyhl

戦後70年経つのに、なぜ米軍基地が日本中を支配しているのか。未曾有の大事故を起こした原発を、なぜ止められないのか。米国公文書の資料などの実証をもとに、戦後... 続き

コメント

我々が生きているのはこんな国なのか! 知らないということは実に恐ろしい。
いま、読むべき一冊。

その他のコメント

ライブ感ある講義を聴いてるよう。売れている本もちゃんと読まなければと反省。

全文 PDF: http://j.mp/1rzu80r
沖縄のことを観光目的で調べている時に知った本。しつこく Kindle 化希望していたものですが、今日 RT で PDF が流れてきた。PDF は Kindle に入りますのですかさず読んだ。辛い話です。身体が震えるような怒りと屈辱感と、無力感。最高裁で必ず住民訴訟が「逆転敗訴」になる、法治国家ではない国の隠された成り立ちについて。熱い本です。広く公開されているので一読を。世界観が組み変わります

読者

Icon user placeholder30de2297 7066 406c 99a5 792b2dd0689c9e4732d6 f564 43af 9658 5d84fecaa215E10011be ab46 4be8 a3bf 3f715462ecb85ee131da 086a 4caf a85d 98dea591fa30304bf732 6eb9 4931 ba4e f9a65fcbc7ffB46867b6 d26f 44c3 9ff4 ea2fe9ea61359dc5426f b53e 4c79 8b93 6f206ba1e047 9人

矢部宏治の本

本当は憲法より大切な「日米地位協定入門」

本当は憲法より大切な「日米地位協定入門」

E68539b9 8045 49ce 8030 1bd4fe68d0b1

フライ

濃厚

沖縄だけの問題なわけではなく、条約によって実は日本全土が危険と隣り合わせであり尚且つ抗う事が今の日本にはできないということを分かりやすく説明した内容となっています。 旧日米安保条約のアメリカの目的は「日本全土を米軍の潜在的基地にすること」でした。最初安保条約は英文はできていたけれど、機密保持のために和文が存在しなかったり、調印のための原本も用意されていなかったりしました。 日米地位協定は、結ばれているけど守られないとり決めという話がありました。 米軍基地は首都圏に集中しており、首都圏の上空(一都八県)にも米軍の管理領域があります。 米軍関係者は特に手続きもなく入国審査もされません。そのためアメリカ人がどのくらい日本にいるか把握できていません。 1957年の超低空飛行の米軍機によって首と胴体を切断されて即死した事件、1995年の沖縄でのレイプ事件、沖縄国際大学の米軍ヘリ墜落事故など、無残な事件が過去にはありました。 あそび半分で低空飛行、日本人をターゲットにした人間狩り、しかし公務中といえば罪にならない。深夜外出禁止措置だけアピールされる。このような沖縄での米軍犯罪の多さと改善のされなさに驚きました。 容疑者をどう扱うのか法律や条文で決めて運用することは最低限必要なはずです。 「在日米軍基地を提供すら代わりに、日本全土を守ってもらう」というのは幻想です。その時のアメリカ次第です。 イラクは米軍を撤退させました。そして米兵が犯した罪はイラクが裁きます。 日本は今イラクに学ぶ必要があるかもしれません。 米軍のためにを金払い、借金は膨らむ。 そして福島の原発事故のように隠蔽し続ける現状を、この本で理解できたような気がします。 政治や社会が苦手な人でも例えや比喩を使い読みやすくなっています。

3年前

F040de48 4a0c 442f ba7a 31096c0252fe5fad21be b22d 4f5f bbd7 9f454a912c73
本土の人間は知らないが、沖縄の人はみんな知っていること―沖縄・米軍基地観光ガイド

本土の人間は知らないが、沖縄の人はみんな知っていること―沖縄・米軍基地観光ガイド

B46867b6 d26f 44c3 9ff4 ea2fe9ea6135

reif

Kindle 読み

★★★★★ 力作であり熱い。しばらく前から読みたくて、先日書店でパラ見した瞬間に買うべき本。沖縄の風景(基地ですけど)の写真がどうしようもなく魅力的。これは本当にドキドキする。今読みたい人が多いのも頷ける。後半、先の憲法解釈変更が既定であったことが予言されています。アメリカさんの手先として紛争に参加して世界から白眼視されるのが日本の道だと誰が思うかね。闘い続ける沖縄の人に寄り添い、出て行ってもらいたい基地

約4年前