Btn appstore Btn googleplay
510ifbnefvl

営業しない、ふざけられない案件は受けない。だけど依頼が絶えないプロモーション会社、バーグハンバーグバーグ。その社長、シモダ氏が企画術・仕事術のすべてをここ... 続き

コメント

活字苦手ですが、面白すぎて一気に読める

その他のコメント

ふざけることに真面目な人じゃないと成せない技です

面白過ぎる

読者

Icon user placeholderF1cbc8fe 8677 45c1 b00f 1bf7f89ad113E08c5405 c264 4827 ac35 791cdaa7aab0Icon user placeholder4e1c3589 2eb0 464c bd94 6d3a5133c1cc977d4f37 5eba 4d31 8ebb 478ccd40d2c2103715ba 381f 43b4 a50b 69e3f739eb9f2ba24464 9f10 41f3 a8ef 20253e9e43ec 18人

新書

ネコにウケる飼い方

ネコにウケる飼い方

721ff227 6404 486e a136 194741a375b4

付喪神

基本、何でも読みます

2020/02/22 読了 飼い方というよりも、ネコってこんな生き物ですよという紹介。 飼育するのではなく、同居するという感じでしょうか。

4日前

Df0b9ad4 6a20 4d59 bd18 fe01bab493ba6cb5df69 ceea 4233 aaae 413922b5218c760022f4 065f 4f8b 8d38 bea5677076d7
聖徳太子――ほんとうの姿を求めて

聖徳太子――ほんとうの姿を求めて

Y x49zct normal

Shig Iso

1972年生まれではない

聖徳太子の実像について、残された史料の性格とそれを踏まえて読み取れること、法隆寺関連の考古学調査から得られた成果を、新書にしては細かく述べてあり、聖徳太子研究の入門書的な雰囲気。

6日前

観応の擾乱 - 室町幕府を二つに裂いた足利尊氏・直義兄弟の戦い

観応の擾乱 - 室町幕府を二つに裂いた足利尊氏・直義兄弟の戦い

Fb6e4b2d fd53 4079 9d49 7cbaa0d5dfd8

Koppepantaro

身の丈五尺八寸、中盛無料と戦う日…

日本史上にひっそりと佇む、「よくよく見ると非常に奇怪な内乱=観応の擾乱」を、その前後の戦乱の様相も含めて出来る限り詳しく紹介したのが本書。南北朝時代という、色々あり過ぎて語りづらい時代がここで、密かに大開帳されている。 とっつきやすい内容ではないけれど、足利尊氏-直義が日本各地で繰り広げた史上最大の兄弟喧嘩には、そこに絡みつく南朝、有力御家人と、衝撃的なダイナミックさで暴れ回る皇族武将とその同盟者たち…といったとんでもない脇役?が大勢いて、一体何のスマブラかと思った。全員が全員やりたい放題。このスケール感はちょっと独特なのではなかろうか。 この時代、アツいです…。

22日前

Icon user placeholderIcon user placeholder08634c99 3a43 40c1 9ad5 6ba772150f2c