51wv6fmc3vl

コメント

2016.03.15
「ヨーロッパ退屈日記」や「女たちよ」と傑作エッセイを読んだが、これは一味違う。半分はエッセイだか、後半はルポまで固くなく、農家、タクシーの運転手、皇族関係者、ずさんな工事による水質汚染による被害者などなど、様々な人の談話が「世間話」として書かれてる。この辺から伊丹氏の世の中の裏を暴く記者的な魂が表れたのか、とても読み応えがある。

(2014年読了)来月に恵文社コテージにて行われる「伊丹十三のおいしい召し上がり方」の予習の為読了。

話し言葉をまんま文章にするのが凄く上手。

こないだ『スーパーの女』をチラっと観てテンポの良さに驚いたけど、文章もテンポが良い。

ドイツ博物館の話に興味が引かれた。

読者

9d58de1b b527 49fe 9838 e24d6f5ecdbfDd941b90 88b9 425c 9cca f8c6c38d532f

伊丹十三の本

51arxxxyypl
2970514d f58b 4b33 988c faad88c878d6

blue_moon

読書好きです

御節にもそろそろ飽きてきて、ああ、カレーライスが食べたいな、と思いながら、ふと手にとった本。 中の紙までカレー色で、33人の方の書いた、いずれもカレーにまつわるエッセイは、トータルで、まるで沢山のスパイスを使うカレーのようなハーモニー、美味しく頂きました。

4か月前

79bbae40 97d3 4bd1 bf5a d49a9239856491cbbfc4 a786 45db a9f5 86da0ccccffbBcef4f07 681e 45ad b000 bac28e968508
517ncge%2bsvl
E913465c 24fe 47f0 b46a de17f579871c

山奥

本が好きな花屋 只今 ゆっくり春…

総勢47名の作家による猫話 猫との距離感、間合いがそれぞれでおもしろい 犬派ですが、猫もいいなあ… なんて笑

5か月前

E4f21041 cc6c 4268 b713 5baf3e868f4475657d05 f8af 4ca9 b80b d54f664b8b0147227c53 989e 4989 b044 f7d7c4e9f422
61abaa8dnml
04712713 7c21 40b6 b713 e7f95ec43299

Toru Shibuya

有隣堂ビブリオバトル初代グランド…

伊丹作品好きなら是非! キャスティング、ロケハン、編集、資金繰り、全部描いてます、読むと映画本編もまた違った味で楽しめます。

1年前