51nixezmepl

今、世界でもっとも注目される日本人科学者が描く希望の国のグランドデザイン。 続き

コメント

「お金2.0」でも同様に書かれていたことだが、仮想通過の出現により、価値が必ずしも中央集権的に発行される貨幣によって測られることが無くなり、価値の多様化、分散化が起こる。
それと並行して、同じく中央集権的な企業や近代的個人という概念は解体され、どちらもより分散化、多様化していく。企業であれば兼業が解禁され、雇用・組織が流動化する。個人であれば副業が一般化し、仕事以外で(従来の貨幣では測れない)価値を生み出すようになる。国家も地方自治体レベルまで解体されていく。
「日本再興戦略」という題名がついているが、そこで論じられているのはGDPを増やすというようなマッチョイズムではなく、日本という国とそれを構成する自治体、企業、個人の概念を解体し再構成するということ。

その他のコメント

逆張りのスマートさが際立つ本。

ポジションを取れ。批評家にはなるな。フェアに向き合え。手を動かせ。金を稼げ。画一的な基準を持つな。複雑なものや時間をかけないと成し得ないことに自分なりの価値を見出して愛でろ。あらゆることにトキメキながら、あらゆるものに絶望して期待せずに生きろ。明日と明後日で考える基準を変え続けろ。

とにかく読んで下さい。
若い人もそうでない人も。
とても大事な話がてんこ盛りです。
なかなか出会えない素晴らしい一冊。

読者

90145982 6072 4ffe 89b7 1620a3e54bf145122d4d 760d 4ee8 8f3b 9f2de9a84a6c6a96e94c a226 469b a4ad f316fb8865ffIcon user placeholderF957de8d 92e9 438e a680 efc2a186ffac6e9d12b1 0524 4ac0 8069 c0a627e85275D228bea0 8779 4071 a6f3 9b2584d35b09Cbf075bf 7c97 4582 a050 865b757e9aea 65人

落合陽一の本

これからの世界をつくる仲間たちへ

これからの世界をつくる仲間たちへ

E68539b9 8045 49ce 8030 1bd4fe68d0b1

フライ

濃厚

抽象思考だけのリベラルアーツは重要視されにくくなっています。 しかしシェアできない暗黙知の持ち主が強くなる未来になると思います。 思考体力の基本は「解釈力」であり、知識を他の知識とひたすら結びつけておく、 そして検索で知った答えを自分なりに解釈してそこに書かれてない深いストーリーを語れるかどうかなのです。 ・それによって誰が幸せになるのか ・なぜいまその問題なのか、なぜ先人たちはそれができなかったのか。 ・過去の何を受け継いでそのアイディアに到達したのか ・どこに行けばそれができるのか ・実現のためのスキルは他の人が到達しにくいものか この五つに答えられればいいそうです。 一番簡単なのは、綺麗、美しいと思わせること。次に簡単なのは、やばい、すげぇと思わせること。それより難しいのは、「楽しい」と思わせること、その楽しいよりもっと難しいのが「感動」です。 多種多様な世の中で、自分の将来を考えたときに、市場価格の最高到達点がどこにあるのかをかんがえておいたほうが焦らずに済むのではないかと思いました。 まず、とにかく「自分が解決したいと思う小さな問題を探せ」ということが一歩だと思いました。

2年前

90145982 6072 4ffe 89b7 1620a3e54bf1E1fbbdac b3c9 4e6a 9f42 ff2bbcb688766a548045 459c 4192 9312 73a02a57b185 20
魔法の世紀

魔法の世紀

12643eda 9094 4c65 9828 81ce6de589f0

Sleepy Sheep

フェルト作家・ひつじ手芸部部長。

「人間はコンピュータのミトコンドリアなのか という疑問に、僕なりの決着をつけたいからかもしれません。」と著者。ドキっとした。

約3年前

90145982 6072 4ffe 89b7 1620a3e54bf1C09652a6 2877 4c3a 93a4 67edf17a409848a3e230 1d06 4721 ab61 580bf9afe117 23