51mtzp%2bswol

豊臣秀吉と徳川家康が転機を迎えた「史上最強のパワースポット」とは。秀頼は本当に秀吉の子なのか。著者が発見した龍馬や西郷の書状の中身は。「昭和天皇を育てた男... 続き

コメント

会ったこともない人たちが残した文書からわかることを小さく小分けに書かれてあって読んでいて面白い。
著者が興味の赴くままに古文書を探し、読み漁り、苦労して(おそらくは楽しみながら)得た知識や、経験や人脈やらも面白い。

磯田先生の様に古文書が読める様になりたい^_^

テレビによく出演されている磯田先生が古文書から生身の歴史を紐解いている。
一つ一つの話が3ページにまとめられていて、読み進めやすい。
磯田先生が、自分の調査したい目的のために、職業や居住地を自由に変えておられる生活スタイルに驚くとともに、羨ましく思った。
個人的に興味深い話題もたくさんあり、スラスラと読み進められました。
個人的には、「山田方谷」に興味を持ちました。

読者

47447c07 c188 4a46 a700 79a4bc3d1a55330d952e 6d48 4190 8adb e6c73f20886f68846bbe f9fe 4f84 9769 b3159f1b0d98Be2705bb 9ad5 4b79 9412 de0079a04aa3Icon user placeholder5965ac89 7374 4416 a719 27e42627144bIcon user placeholderIcon user placeholder 9人

磯田道史の本

歴史の愉しみ方 - 忍者・合戦・幕末史に学ぶ

歴史の愉しみ方 - 忍者・合戦・幕末史に学ぶ

883f2a9c f4ba 4fdd b1d7 26bc64e04093

まこと

二児の父親

『武士の家計簿』の著者が記したエッセイ。古文書を通じて歴史を読み解く、というのは歴史学者ならでは。 個人的に一番面白かったのは、著者の幼少時の話。美術全集に想像設計図があった高さ100メートルの出雲大社のミニチュアを自宅の庭に作るも、台風が来て壊れてしまう。実際の出雲大社も嵐の度に倒壊したことを、実体験として理解したそうだ。他にも竪穴式住居を作るなど、こんな子どもいるのかと思うとともに、こういう人が歴史学者になるんだな、と納得。 後半の戦国時代の話もちょっとした歴史小説を読んでいるようで楽しめた。

7か月前

Icon user placeholderIcon user placeholderBfe75e70 0dce 48ce 98f4 b7ec5eb9b91d