41kf00d7hpl

コメント

中公クラシックスのなかでは相当読みやすい一冊。
安吾を辿って行き着いたもので、いかなるもんかと身構えていたが、個人的にすごく気に入った。

読者

Akiaivjyeuyp25rambwaC1328c50 7403 4c06 af9f dccee519f9e4

ブルーノ・タウトの本