51zlvmztxxl

コメント

さて、日記を書こう!(笑)使いこなせていなかった「ほぼ日手帳」を引っ張りだしてきた。と、感化されてしまうくらいの本です。

その他のコメント

読者

7b401418 5669 4657 b744 aeedef1eaea4D664126d 99e3 4cd9 8ee7 bb9195810a3cC2376939 7bfc 4e64 922e e276af897751 3人

新刊

すべての神様の十月

すべての神様の十月

721ff227 6404 486e a136 194741a375b4

付喪神

基本、何でも読みます

2018/12/14 読了 八百万の神々と人間との関わりを描いた連作短編集。「九十九神」には、ほろっときました。 我々自身、誰かの「福の神」でありたいですね。

約9時間前

A4a242f9 c57a 4e74 a786 7bef9007b9aaD7131e7e 5927 4ce8 9f13 cf2359f258eeC0d7f1f6 fc86 4ddf 9f88 91b5eda7b98c
メタモルフォーゼの縁側(2)

メタモルフォーゼの縁側(2)

E62f0c3c f8ba 47a7 a44e a1b165318b7f

さすらいのアリクイ

兵庫の山の中で暮らしています

高校生とおばあちゃんがマンガがきっかけで交流するマンガ。2巻目でもマンガを買った、読んだと二人が盛りあがる光景がある。その場面は楽しそうですが、高校生にもおばあちゃんにもやって来る未来をどうするか、という問題もマンガの中に出てきます。高校生はマンガを読むだけではなく描くことが、おばあちゃんは住んでいる家にこれからも住み続けるのかという現実が。こうすれば幸せという明確なゴールが見えない中、二人はどうするのか。その部分は僕自身も現実で避けて通れないので色々考えてしまう。あと高校生が幼なじみとこのままの関係で行くのかも気になる。どうでも良さげなのは表面だけなのかと。ふわっとしているようでなかなか気が抜けないマンガです。

約9時間前

E0d88736 c5b5 4929 a40e 396c3ca8a50e154178c2 bd10 404f 8f64 c75f94109474
スペードの3

スペードの3

F418b61f 70ad 4abf a1fc a3172452e037

sa kana

電子よりも紙派です

朝井さん、どうしてこんなに女性の心の機微が読み取れるのか... 女の友情の薄っぺらさよ、女の考えることの悪どさよ....かくゆう私も腹黒いのだが

約9時間前

675f6c8f 90bf 4d72 b8a5 5933c8ca84aa76fe065e efe5 4837 8057 34a2ada49582C73ec256 ee18 44c0 808b 42c49c0f4c7b 28