510fhy6hujl

広告代理店営業部長の佐伯は、齢五十にして若年性アルツハイマーと診断された。仕事では重要な案件を抱え、一人娘は結婚を間近に控えていた。銀婚式をすませた妻との... 続き

コメント

記憶がなくなっていく様子がさりげない表現で伝えられる。ラストが切なすぎ。

読者

Icon user placeholder66514ac8 9f5d 49d0 819d e8978ce3832d6a768b94 76a7 4944 9417 0cf2a911f8e7923d85d8 e29e 4f1c b473 cdc8a2599f74Icon user placeholder4ac310d5 6dc3 4b30 9a47 9afdf3f59e54Icon user placeholder50702c8b 7efc 4870 940b ebf85778d7f1 11人

荻原浩の本