51ppj8nracl

【文学/日本文学小説】江戸が明治に改まって20年。モダン銀座の派出所に勤務する巡査の滝と原田は、日々事件や相談事の解決に奔走する。だが実は二人の身辺には、... 続き

コメント

明治時代を舞台にしたほんのちょっぴり怪しげな物語五編。
しゃばけシリーズとはまた少し違う雰囲気ながら、切なくも優しい人情ものです。

読者

D72a3222 91f0 40ad b34d 2642e29c3ad787d4ebfc 67c9 4829 8877 939d2fda796d

畠中恵の本

むすびつき

むすびつき

87d4ebfc 67c9 4829 8877 939d2fda796d

おひさま

活字中毒の書店員

年中寝込んでいる体が弱い若旦那と妖たちのてんやわんやを描いたしゃばけシリーズの第17弾。 今回は輪廻転生にまつわるお話5編。 親しくなればなるほど大事に思えば思うほど失うことへの恐れは大きくなる。 考えても仕方のないことと分かっていても先の事が不安でたまらなくなる。 それでも、だからこそ、今を大切に生きるのだ。というお話です。 若旦那は相変わらず病弱で何一つお店の仕事はできていないけれど随分と大人になったのだなぁと、この長いシリーズを読み続けてきたファンとしては感慨深いものがありました。 あまりに感慨深すぎて「あれ?これでとうとうシリーズ最終回かしら!?」と思ってしまったほど(笑) そうではない事を祈ります(笑)

23日前

なりたい

なりたい

87d4ebfc 67c9 4829 8877 939d2fda796d

おひさま

活字中毒の書店員

大好きなしゃばけシリーズ第14弾。 今回はいろんな人の何かに「なりたい」という願いのお話5編。 体が弱く寝付いてばかりの若旦那は、外出もままならず兄や達に甘やかされてばかりの生活ながらも少しずつ成長している。 そしてその若旦那を取り巻く妖達も少しずつ人間らしい成長を遂げている気がする。それは妖としては相応しくないのかもしれないが彼らはそれほど若旦那との生活を愛してやまないのだ。 読み終わるとそばにいてくれる誰かをより愛おしく感じる…かもしれない。(笑)

4か月前

5a8a499c ffee 4107 9fad 3c209d7669edIcon user placeholder
まったなし

まったなし

87d4ebfc 67c9 4829 8877 939d2fda796d

おひさま

活字中毒の書店員

大好きなまんまことシリーズ第5弾。 色男清十郎の縁談が絡んだ6編はどの話も切なくもほろ苦く温かい。 このシリーズはいつも読み終わった後心が解けて柔らかくとても温かい気持ちになる。 本当に大好きです。

4か月前