51kz7xi9zul

売れっ子コピーライターの文香は、出張後に寄った道後温泉の宿でマッサージ師の老女と出会う。盲目のその人は上品な言葉遣いで、戦時中の令嬢だった自らの悲恋、献身... 続き

コメント

ワクワク、ドキドキ、ハラハラ、といった感情が前面に溢れた1冊ではないけれど、だからこそ身近に感じた。田舎に帰った時みたいな気持ちになる。またこの本に戻ってきたいと思う。

読者

2d5edc6f 5ff8 4b10 923e f58e258d33113b1984e7 90a5 4314 9b49 a65600d890fe454e4e42 58da 45f3 b6c9 30eff85efb900402b13a 8dbe 4ffe a5cc 2ab6b6824a00Fcd78a68 5507 494c a56a b3dcf49699dbE6e46408 7d9f 4c98 a3bd 456d3e743221A7b82a1e 0e92 42aa 9ee9 2478d547f35c22b34e24 9d93 4736 b025 eb773a6c5fa0 17人

原田マハの本

スイート・ホーム

スイート・ホーム

B8836f8e 8779 47c5 bc73 eeba65ece6ee

モコ

ネットよりも、活字が大好きです。

話しの展開が、想像つくのだけど読み切って、あーよかったなぁと、こころに栄養を貰えた作品でした。

2か月前

1ca6db25 d162 41dc 9881 a70df25b9aef648cbff4 c642 4e0c 959e 1ea1f6aba07b1c81c53e fffc 4e52 a0ac aad944d8e01d 14
いちまいの絵 生きているうちに見るべき名画

いちまいの絵 生きているうちに見るべき名画

89e302dc 61e2 4acf b97e bf2a8c22fa0e

半井志央/Shio Nakarai

ずっとずっと本を読みたい @s…

この本で紹介されている絵のいくつかを、美術館で見たことがある。その時にこれらのストーリーや背景を知っていたかった、と強く思った。あぁ勿体無い。 10代の頃では、100年、200年という時間はあまりにも遠い昔のことだったけれど、歳をとってみると彼らが生きていた時代と今とに、それほど大きな隔たりはないように思えてくる。身近に感じることが出来る。 今だから彼らの作品をもう一度見て違うことを感じられるかもしれない。 美術館に行きたい。 描かれた絵と、その背景にある画家自身や歴史と向き合いながら、ゆっくり時間を過ごしてみたい。

4か月前

Icon user placeholderA5842465 cd81 4d78 acd9 29b6e11548d3B5343d61 d1a0 4b15 b599 5124410af849
ギフト

ギフト

6e601ea2 de6f 4c16 b856 ebddb66ba840

ricky

本と音楽とコーヒーが好き。

仕事、結婚、留学 etc…一歩踏み出す女子のステキな20のエピソード。

4か月前

たゆたえども沈まず

たゆたえども沈まず

7d9f429e 1f0b 4fe6 b81b b70a0cfa60bf

じゅんた

ひとこと備忘録 ハードカバーが好…

楽園のカンヴァスを読んで、また画家の面白いストーリーが読める!と思っていただけにもう少しアクセントというか動きがあればなぁと感じてしまった。 ゴッホという画家自体がそうさせているのかもしれないが、作品の全体的に漂う陰湿で重く垂れ込める雲のような雰囲気が読んでいて気持ちが沈むと言ってしまっても否めない

5か月前

887c2a86 6f03 443f ac33 f4eb8156b95dFd365466 51f4 4106 9e6e 66225605e0e9Icon user placeholder 58