51kz7xi9zul

売れっ子コピーライターの文香は、出張後に寄った道後温泉の宿でマッサージ師の老女と出会う。盲目のその人は上品な言葉遣いで、戦時中の令嬢だった自らの悲恋、献身... 続き

コメント

ワクワク、ドキドキ、ハラハラ、といった感情が前面に溢れた1冊ではないけれど、だからこそ身近に感じた。田舎に帰った時みたいな気持ちになる。またこの本に戻ってきたいと思う。

読者

0264273e d8bf 4e8f 930e bd3f1a13a8af91b8601f 9318 45fd 8c1d c46f7b11acf53ef80c12 d699 4f71 936c 83e0da095c3aDdf01909 15e6 4b9a 97a7 21e23fc58f1eIcon user placeholder344d13b7 53ef 45f2 aeea f22c29672455Icon user placeholder35fb1555 2061 4d69 a3d8 035c5aa9d47a 30人

原田マハの本

ロマンシエ

ロマンシエ

015dce07 cf3e 4648 a2ea 9129980e6554

まいさん

頭でっかちにならないように、ゆっ…

マハさん史上最もチャーミングな男の子が主役! 大好きなアート、そして大好きな人にまっすぐに向き合うその姿はとってもピュアで魅力的だったなぁ〜。 マハさんの作品の素晴らしいところは、アートの素晴らしさと魅力を、すごくわかりやすく丁寧に描いているところ。 アートに興味がある人も、そうでない人もきっと楽しめるはず。とっても大好きな作家さんです。

約2か月前

Cc41b704 bc74 4f27 b89f bf69a439a4bcB5d94167 26a9 4781 bc73 155aaaedbe8eF9ed6367 e960 4960 9836 90617222a3a0 19
一分間だけ

一分間だけ

6cb5df69 ceea 4233 aaae 413922b5218c

Pinoco

2015/6末

原田マハ好きだけど、 この本の主人公は最低で本当に読んでいて嫌だった。 こんな人に動物を飼う資格ないよ。 2016

4か月前

285d61d6 b4e4 46ea 8b3d 21ad309a449029c4ab89 1b08 483a a507 6f2ca5fd4abc2d5edc6f 5ff8 4b10 923e f58e258d3311