41gs3wtexrl

世界中で愛読されている永遠の名作『星の王子さま』は、1943年にアメリカで出版された初版本と、戦後フランスで刊行されたガリマール社版とを比べると、挿絵の色... 続き

コメント

人によくプレゼントする本。薔薇のところが すきだな。

たくさんの人に翻訳されている星の王子さま。私は新潮社の河野万里子訳ばかり読んでいたので、他の人が訳したものを徐々に読んでいこうと思います。原書も、、

子供から見た大人の人生論、薔薇との出会い、狐の愛の語りなど、大人になっても忘れてはいけない、人に対する愛情や受け入れ、本当の幸せの意味を忘れなければ、他人を傷つけることなく、思い残すこともなくなるのではないのかと思いました。

小学生の頃はよく分からなかったけれど、きっとそれが子どもだった証。読むたびにぐっとくることばが違う、大好きな一冊。

どんな人も昔はこどもだった。
忘れている大切なことを思い起せる本。
その時の心境によって見え方が変わって見えるのと、フィクションだとわかっていてもこの王子さまが本当にいるような感覚になる。そんな素敵な物語。

よくワカラン! by11歳の娘

…しばらく本棚で寝かせておく事になりそうです。

↑12歳になり、読了。
結末に本人なりの答えをいろいろ考えている模様です。

「本当に大事なのもは目に見えない」という言葉が心に響きました。

子供の時はなんとなーくテレビで見ていた物語。その頃から薔薇と王子様との掛け合いの印象が強くてそればっかりで、大人になって改めて本を読んでみたら印象が全く違うことに気づいた。あの頃は子供だったんだなーと改めて思った。

初めに出会ったのはこの昔ながらの訳なので、この素朴な語り口に最も親しみを感じています。この物語は心が温かくなる一方で、哀しさに胸が痛くなります。美しい物語です。挿絵も美しいです。

人生に行き詰まった時に必ず読み返す特別な本。多分小学生の時に買って数十年。書き込みだらけでぼろぼろですが。いろいろ訳は出てるけど、内藤濯のが私には一番しっくりくる。
どの部分もすごく好きだけど、金色の麦の穂が揺れてるのを見ると、王子さまを思い出すってところがすごく好き。

子どもに贈りたい本

頭で読むのではなく、心の目をそっと開いて読めたとき、視野がぐっと広がったような気がしました。
大切なことは目には見えない、大切にしていきたいです。

天然のバオバブをいつか見るんだ。

大人になってやっと意味がわかった

再来週、箱根の星の王子さまミュージアムに行くので読み直しました。

読者

Afd10188 190e 446d bb74 02c90e328766927b68d8 fdab 4c7f a050 3a130cd10f5240deeedb c1a3 44e2 8f16 b81c4d19201f15208f6c 0d5f 4af4 ad15 6f11ac96c5ef26e6a9ac 97ca 4a1b 972d 8dd5b57e9014B357c5d4 925d 41dd 87d5 a56b70265399Fa338592 ac40 47ab 9162 b199065078001bb5671b 96b7 4375 9a8d a6ee1cf19387 70人

サン=テグジュペリの本

夜間飛行

夜間飛行

Bd9b1b17 01a5 422a a632 0c8fd23f1cb2

muuuupi

Going for Ph.D

美しかった。夜の描写の美しさ、緊迫した状況、遠くを見据える厳しい冷酷さ。事の終わりが地上班からの推測で語られるのが、無駄のない現実的な様で、これまた美しい。

5か月前

C551c2ec cf20 4340 8858 5f44ff54bf19B3fd0ffa e716 4bd9 b3c4 c042a9d2312411afb8da 1bf6 4272 bc30 39ed2c854032
星の王子さま

星の王子さま

B28d8472 e447 4a77 ba3d b9897eb56eca

あなご

教育と心理の仕事。1987生

内藤濯氏の歴史的名訳ということだが、やはり現代に生きる私には少し読みづらく感じる訳だった。昔読んだ時と違ったので昔は新訳版を読んだのかもしれない。訳者あとがきや備忘録が付いており、そこに美智子皇后とのことが書いてあったのはとても面白かった。美智子さまの言葉には平安時代における流れるような言葉のうつくしさがある。

6か月前

434059f2 8e14 4a7f 8241 449baa9e3a90640f728f e769 44af ba9a 68ef8e0f4aff
人間の大地

人間の大地

54110e6c 54b0 4866 b849 a862e4b68153

あかや

本屋と図書館は無限を秘めている

詩的で、驚きと発見に満ちた、作者自身のパイロットとしての体験を綴ったエッセー。 一つの物語として繋がっているわけではないが、一貫して、生きること、人間の尊さについての作者の考えが見える。 星の王子さまの背景を知ることができる。 言葉の選び方がとても美しく、また奮い立たされるようで、一気に読めた。

10か月前

9727e8b0 10dd 4c31 b733 85abb59bdfbb55630e9f 2915 4f22 bb80 1b77f5dd512016b9146f 59ee 4358 8089 970600aebbfd 9
星の王子さま

星の王子さま

84894365 9625 46eb 850f 37b16a577526

Kazuki Kumeta

教育者です。 哲学、心理、教育

この本に "大切なことは目には見えない" という一節がある。 子どものときに触れて、「あ、この本読んだことある」と、2回目に手に取るときが、この本との本当の出会いだと強く感じた。

約1年前

C0979bca 0d16 492a bc4d eb5e5dbfc30f503775b5 acda 4104 99dc d6fa586bdbb0591a6de7 1c7d 4278 8aa7 78047edbf68a 23