51wrzojhmll

コメント

これまでの人生で何度も名前を耳にしていたが、手に取ったことはなかった。それほどの名著ならばと読んでみたが、とてもおもしろく、興味深く、また含蓄に富んだ物語だった。

読んでいて、星の王子様の世界に次第に魅了され、心が暖まっていくのを感じた。小さい子供に読ませるのに最適だと思う一方、大人にとっては非常に考えさせられる内容であり、耳が痛い箇所は数知れない。私も、どこにあるかわからない空虚なもの(数字)を追うのではなく、目の前にあるものをこよなく大事にしたい。

幸福論について書かれたヘタな専門書を読むくらいなら、本書を読んだ方がよっぽど有意義なものになると思う。なんども繰り返し読みたい一冊。

その他のコメント

未熟な星の王子様が7つの星に出かけ、経験し、大切なものが何なのかを気付く物語。

バラのように何千も同じものがあるが、飼いならすと、友達となり、たった一つの大切なものになる。

読む人によって感じ方が変わると思われる一冊。

読者

B51ed931 1fb9 4e78 8f63 eeb4b4fa47e211afb8da 1bf6 4272 bc30 39ed2c8540323892591c 0775 431c 9aef 06fd4b8301cc7ad00117 15a5 4742 8301 e6284aa14c5f97d3a5dd e777 45a8 b7b9 12ac32c82d781e5429e9 841c 4bb1 9aa6 0f887dd1990372106345 b50e 4add 8b7f b75f9f636a240f3fdc78 b4bb 41c0 929f 97a948a49221 9人

サン=テグジュペリの本

夜間飛行

夜間飛行

Bd9b1b17 01a5 422a a632 0c8fd23f1cb2

muuuupi

Going for Ph.D

美しかった。夜の描写の美しさ、緊迫した状況、遠くを見据える厳しい冷酷さ。事の終わりが地上班からの推測で語られるのが、無駄のない現実的な様で、これまた美しい。

1年前

A1f0cf18 cd3b 436b 9e21 13edaa9ee4be7c07e33c 1af7 43ef bc1e a8622d8bb77a137afbb3 82c6 4043 8153 60142d4591a3 8
星の王子さま

星の王子さま

B28d8472 e447 4a77 ba3d b9897eb56eca

あなご

教育と心理の仕事。1987生

内藤濯氏の歴史的名訳ということだが、やはり現代に生きる私には少し読みづらく感じる訳だった。昔読んだ時と違ったので昔は新訳版を読んだのかもしれない。訳者あとがきや備忘録が付いており、そこに美智子皇后とのことが書いてあったのはとても面白かった。美智子さまの言葉には平安時代における流れるような言葉のうつくしさがある。

1年前

9ed1a4f2 e954 4da6 a0fb 3f60b0027f1dF498cf2c a42e 430c 93e8 92001c6160161fec7c92 782f 45e7 9759 3d94af3e93ef 11
人間の大地

人間の大地

54110e6c 54b0 4866 b849 a862e4b68153

あかや

本屋と図書館は無限を秘めている

詩的で、驚きと発見に満ちた、作者自身のパイロットとしての体験を綴ったエッセー。 一つの物語として繋がっているわけではないが、一貫して、生きること、人間の尊さについての作者の考えが見える。 星の王子さまの背景を知ることができる。 言葉の選び方がとても美しく、また奮い立たされるようで、一気に読めた。

約2年前

71f22d9c d011 4388 a625 6db6f0305377F5947a23 6256 4067 a3ee c849e7dad6e8137afbb3 82c6 4043 8153 60142d4591a3 13
星の王子さま

星の王子さま

84894365 9625 46eb 850f 37b16a577526

Kazuki Kumeta

教育者です。 哲学、心理、教育

この本に "大切なことは目には見えない" という一節がある。 子どものときに触れて、「あ、この本読んだことある」と、2回目に手に取るときが、この本との本当の出会いだと強く感じた。

2年前

16e57a43 98bd 423a 954d 17865603ee6e12a39ca9 ee73 4228 80e1 6e2f03e802245aad0610 8005 4190 b54f 5622c0f4f5be 43