51fzsywy9 l

桜野町で桜風堂書店を任された一整に訪れた、さらなる奇跡とは? 温かい感動が胸に溢れる、「本に携わる人々」の物語。 続き

コメント

あとがきで、完結だと知ってチョット涙目になってる私。
素敵な登場人物達が、これから活躍か!なんて、能天気に思っていました。確かにみなさん落ち着くとこに落ち着く方向ですが……。
月原さんにもう逢えないのかぁ……。残念。
みなさん優しい人ばかりです。

町の本屋さん、大変な時代ですが頑張って欲しいです。

読者

Icon user placeholderIcon user placeholderD7abed11 56d6 4ea2 a846 f2c2afc481f45efbc12e e565 4bbf ad47 52662f6c5b5f1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad48817d9d2 f670 4857 8844 aad4222e18feCd9f5084 b66f 40aa 81f0 7f14cd4b9903 7人

村山早紀の本

その本の物語 下

その本の物語 下

E13c4327 ac62 4f4f b670 f6bf657f08e1

ひろむ

月に6冊以上、年間75冊読破が今…

2018/9/12読了 あとがきを読んで、この本の構成に納得。 魔女ルルーの物語は、シリーズで児童文学として出てたのかー。シリーズに昔その本を大好きだった少女たちの物語を加えて再構成したお話になってるんだね。シリーズの最後の二作は少女の語りで内容を要約されてるから、本来の物語としての形でも読んでみたい。ラストもハッピーエンドで幸せな読後感を味わえます。ジュブナイル小説のような、ちょっと懐かしい感じもある。

約1か月前

00a6cf1a c5e2 4331 ad04 f26bd088f920Eea3b245 5844 44c1 b36c a61c85983ac1Ae8cfcb0 2072 4547 8dff 115b138b72e2
その本の物語 上

その本の物語 上

E13c4327 ac62 4f4f b670 f6bf657f08e1

ひろむ

月に6冊以上、年間75冊読破が今…

2018/9/11読了 どこか海外の児童文学のような魔女ルルーのファンタジックな物語と、現代日本に生きる女の子が主人公の現実的な物語が交互に進んでいる。この本の新しいところは、ルルーの物語の方が明らかにページ数が多くて、現代パートの部分がまるで幕間のようになってるところだ。これ下巻もこのまま進むのかなぁ?作中作の入れ子構造は大好物なので、下巻でこのルルーの物語パートと現実パートがどう混じるのかが気になる。早く下巻読まなくちゃ!

約1か月前

Icon user placeholderEea3b245 5844 44c1 b36c a61c85983ac1E740fd71 7e27 4a89 bdaf 0db81c065e2a
百貨の魔法

百貨の魔法

Ca7b5bd3 81fd 4de2 a5f2 a19c195d572b

Kei Kawakami

I love books

閉店間近と言われる百貨店を舞台に起こるさまざまな物語。お伽話を読んでいるかのような優しさの詰まった素敵な本だった。 「大事なのは、変わって行くこと。変わらずにいること」そんな歌の歌詞を思い出した。 時代の移り変わりが早くなって行くばかりのこの時代に、流されないこと美学、立ち止まることの大切さを教えてくれるそんな本だった。

7か月前

53aeda8b 256f 4a32 8dd7 8e9f659b34f27bb479cf f542 474a a14f 59d7abba89c0Ee494f5e 3fb2 4a42 a84d 019463e66a09 24