515bx9sgz4l

川田幸代。29歳。会社員。腐女子。社の秘められた過去に挑む-。本間課長は言った。「社史編纂室でも、同人誌を作ろう!」その真意はいかに?風雲急を告げる社史編... 続き

コメント

盛りだくさんなのに、ちゃんとまとまってるのがすごい。
♯コミケ♯腐女子♯社の謎♯ボーイズラブ(おっさんずラブ?)♯企業ドラマ♯編纂室♯恋愛♯結婚♯友情

人生、沢山の事がいっぺんに起こる事ってあるよねぇ。

読者

2a064f6b 6cd1 4a71 8ae9 6139a720614b4225c5c8 10f3 48ed bf29 51aa6fcaa35a1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4D822530f 2e0d 4fb0 8ccd 12258c751f12 4人

三浦しをんの本

舟を編む

舟を編む

6ecd17a4 411f 4245 a2ca d3fe8fd7dffd

Naoko Takebe

人から本をオススメしてもらうのが…

いい話だった。 一生懸命打ち込めるものがある幸せ、それを理解してくれる仲間がいる幸せを感じた。

3か月前

0a467042 b041 44c0 a72d 79d42a3a62dc2feacd2a b058 49bd 9d12 9535ea249592Be919737 6a37 4b8d 82fd 881383ff06e6 330
ののはな通信

ののはな通信

Picture

渡辺洋介

神田村経由専門書版元

物語は山手の女子高に通う二人による昭和59年より平成23年までの手紙のやり取りのみにて進行する。10代の過剰なまでの情熱と40代に入ってからの諦念というべき静かな感情の穏やかさに過ぎた歳月を思う。 「高校生のころ、あなたが学校を休んで連絡がとれなかったとき、私は半狂乱で手紙を送りまくり、家へ電話をかけまくったでしょ?あのときは夢のなかでもあなたの姿を探して涙を流していた。  けれど、いまとなってはもう、風のように吹く時の速さに押し流されるまま、淡々と日常を営み、ある種の諦観とともに、あなたからの連絡をひたすら待っているだけ、私の精神は鈍磨したのだ。中途半端に」P.386 「どこかで自分に愛想を尽かし諦めて折り合っていかなければ中年になるまで生きのびることなんてできないわよね」P.414 日劇もとっくに無くなってしまった。

5か月前

Dcd670a3 93e1 433c b80e 2fa0748fe7283c7075ea f09f 43de 9f5d 2e48b1586e1eD4bb1581 f01e 4ffa 95db 9391baba9653 64