51ese88e15l

コメント

若者の恋愛物語だけど、安易な愛情表現がないことが素敵だなと思った。

読者

052a661e 4f81 47ce b2ab 6c7ccb990fda849377bd 02e4 4a27 a9f6 f6de7df3afc7E2d77f21 13b5 48d5 a16a 33b8b47db0ce 3人

新刊

八月の光

八月の光

Picture

渡辺洋介

神田村経由専門書版元

逃走を続けるクリスマスに訪れる夜明けの夜と朝でもない空白の時間の一瞬をとらえたこの場面に救いを見た。「今まさに夜が明けようとする。鳥たちが一羽また一羽と眼醒めてのどかに囀りはじめる灰色の寂しい静止の時間。吸い込む空気は泉の水のようだ。彼は深くゆっくりと呼吸し、ひと息ごとに自分が曖昧な灰色の中に溶け込み、怒りや絶望とは全く無縁な静かな寂寥とひとつになっていくように感じる。『俺が欲しかったのはこれだけだ』と彼は静かで穏やかな驚きとともに思う。『三〇年間、欲しかったのはこれだけなんだ。三〇年かけてこれだけなら、そんなに贅沢とは言えないだろう』」p.476

約13時間前

孤狼の血

孤狼の血

1b1e7643 9ead 4435 8cd3 d4a66eba70d8

オサム

平成世代です。

常識外れの刑事がただ暴れまわる警察ものだと思っていたが、まさかラストであれほど感動するとは思わなかった。大上さんに対する印象が最初と最後でこうもガラッと変わったのは、作者の力量の賜物だと思う。意志が受け継がれたとき、果たして今後はどうなっていくのか…。パート2を出してほしい作品でした。

約18時間前

Icon user placeholder056f2447 b2c2 4776 82ba 336ae8b71d6d840af13a 7572 4368 82d4 67845dac04e0 8