415u709q4bl

知的な会話を楽しみたいとは思いませんか?そのためには幅広い教養が必要です。本書では、アメリカ、イギリスの映画をテキストに、それぞれの作品が描いている両国の... 続き

コメント

これは良い新書たる新書。たくさんの映画からコンパクトに繰り出される教養に飽きない。もっと知りたくなったらこれも読みなよ、と各章にガイドがあり親切…! 観た映画からの話はわかるからもちろん面白く、観ていない映画は観たくなる。洋画からアメリカ文化とイギリス文化に興味を持つ人に

読者

5b34824b 851e 4b5d 8a4b e970271f60b274912335 138b 480d ab00 0baf0be8aab43880908b 3c3f 4c07 ab15 4efd38d6c5a8Bfe75e70 0dce 48ce 98f4 b7ec5eb9b91d98d9c063 652e 4206 9e86 46d5ae0e2f69Ad7825af 31c7 446b af9e 8f3c399104ac206fbbd1 5dc3 4d3f bfb1 ac68a00057a5E13c4327 ac62 4f4f b670 f6bf657f08e1 18人

新書

聖地巡礼 - 世界遺産からアニメの舞台まで

聖地巡礼 - 世界遺産からアニメの舞台まで

D6630da9 772e 49b5 b568 1d687963fbe0

lAube

本と映画と旅が好き。

「聖なる巡礼者/俗なる巡礼者」という二分法を丁寧に解体し、「宗教が自明のものでなくなった現代世界において、聖なる場所や聖なるものがどのようにして社会の中に姿をあらわすのか」(p.v)考察した1冊。 聖地は以下の4つの類型に分けられる。(a)制度的聖地、(b)共同体的聖地、(c)イベント的聖地、(d)個人的聖地である。 著者は、多様な価値観や世界観がフラットに存在する現代社会を背景に、個人と個人が何かを共有できる可能性をもつものとして、聖地に可能性をみる。 宗教と社会が新しい関係を結ぶ中で、記憶ー場所ー共同体といった概念が今後どうなっていくのか(べきなのか)、考えさせられます。

5日前

D70bfac7 b50f 4a31 902b bf858029009c8b59dc2b 2e4c 4f14 9f40 a2f550bfc48a