Btn appstore Btn googleplay
51363qi0ful

映画には見方がある。"通過儀礼"という宗教学の概念で映画を分析することで、隠されたメッセージを読み取ることができる。日本とアメリカの青春映画の比較、宮崎映... 続き

コメント

個人的には目からウロコな評論でした! 通過儀礼という言葉は知ってたけど、超うろ覚え。。で、映画を通過儀礼という視点で切り取っていくんだけど、なるほどなあ、と頷くことしきりでした。さて、自分はちゃんと通過儀礼をしたのかどうかは…。

読者

Icon user placeholderFbad6930 13ee 4484 b2de 3e4dd1e15de5Icon user placeholder9a5ec021 5ffd 46ff 8967 4ef7527b1566D50e1592 1ca7 443c b464 1c47ead491f701c48291 800f 46f1 b689 c087c8cb7020 6人

島田裕巳の本

人はなぜ不倫をするのか

人はなぜ不倫をするのか

A80b23ae d6c3 4088 909d e7a4fd93be4f

白鯨

作品を楽しみ、その感想、考察を漏…

題名からは俗な印象しかないだろう。 だが、その内容はただの俗と切って捨てるには 些か以上に興味深く、また奥深い。 様々な分野の専門家達が不倫という行動の原理を 解明しようとする。 ジェンダー学、脳科学、昆虫学、行動遺伝学 性科学、心理学、宗教学。 人間という種族のカテゴリーにこだわらず、 昆虫、類人猿、魚類、ウィルスをも範疇に入れる。 人間以外の生き物に不倫という概念はあるのか。 あったとして、それは人間と同じ様な感覚なのか。 生殖行動が良質の遺伝子を残す為だけの行為なら、 他の生き物同様、人間の不倫という行為もまた、 ただの遺伝子の闘争の産物に過ぎないのか。 不倫という名のゴシップ単語から始まり、 最終的には人間という名の種族の繁栄にまで。 生物の情け容赦無い生き残りをかけた戦いを垣間見る。

5か月前

Icon user placeholder66cbda47 517c 4053 b359 eaa7d3361eabIcon user placeholder 15
葬式は、要らない

葬式は、要らない

7d60142a 47c0 4527 8975 4e2104794956

Fraxinus

読書記録 主に電子で読んだもの。

『もう親を捨てるしかない』のあとに読んでみた。 ほんと、死んでそのあとのことなんだから本人の意思とはほぼ100%関係ないんだよな。 葬式のあり方、時代の流れの中での変化についてもいろいろと勉強になった。

3年前