Btn appstore Btn googleplay
5114a7eewml

結婚準備を進める私の前に、見ず知らずの「兄」と名乗る男の子が現れる。最初は戸惑うけれど、距離が縮まるうちに、私はその正体を思い出す。封印していた過去の挫折... 続き

コメント

思い出したくない、消してしまいたい過去というのはあるもので、そんなモヤモヤを抱えながら過ごす毎日。
大切な人を大事に思ってくれる人を受け入れる概念。
美味しいものを打ち解けた人と食べる至福な時。
人はきっかけがあれば変わることが出来るから素敵ですよね。
過去の扉を勇気を持って開けてみる。重くてなかなか開かなくてもいい、時間をかけてゆっくりでいい。
自分が幸せと感じられることが一番大切なのだから。

結婚を間近に控えたある日、突然兄と名乗る青年が主人公さくらの前に現れる。兄がいるとは初耳だし、何より自分より一回りは下に見える青年はいったい誰なのか…?

マイペースで少々押し付けがましく騒々しいその兄と名乗る青年を訝しみつつ読み進めていくのだが、物語は淡々とした日常の中に大らかに展開していきます。
深く傷ついた時には見えなかったものが今なら見えるということがある。

優しくてホッとするお話です。

読者

A4bdce03 e148 4850 95f0 43343530606a220b7e4e 70e7 4af3 9ddd 4ecc0b33c3289440ca99 c408 41f9 8f6c 6585664366aeIcon user placeholder87d4ebfc 67c9 4829 8877 939d2fda796dCf2696c2 2b3a 4fd6 9146 4fa873b17527D90aebb2 cc38 47cf 97b4 cd69dea3f0f52b1007a8 5549 4aea a9a1 fe745f0a855b 21人

瀬尾まいこの本

傑作はまだ

傑作はまだ

427c6b74 d757 4a90 b196 eb453196302b

リトル

小説も漫画も絵本も読みます 読む…

引きこもりの作家・加賀野の元に生まれてから一度も会ったことのない息子が訪ねてきた 毎月 養育費を送ると写真が1枚送られてくるというそれだけの関係でしかない息子としばらくの間 同居することとなった 両親とも大学卒業後 全然会わず 一軒家に1人で暮らし近所付き合いもなく ほとんど家から出ない50歳男性の主人公 人との関わりを最低限しか持たなければ 嫌な思いをすることもストレスを感じることもないのかもしれないが いざ人と関わってしまうと 寂しさを感じるようになってしまう だったら全く関わらないかずっと関わっていくかのどちらかしか選択肢はない

4か月前

4f4b7430 f375 41f9 bc68 de78cf3312f1Icon user placeholderIcon user placeholder 29