5114a7eewml

結婚準備を進める私の前に、見ず知らずの「兄」と名乗る男の子が現れる。最初は戸惑うけれど、距離が縮まるうちに、私はその正体を思い出す。封印していた過去の挫折... 続き

コメント

思い出したくない、消してしまいたい過去というのはあるもので、そんなモヤモヤを抱えながら過ごす毎日。
大切な人を大事に思ってくれる人を受け入れる概念。
美味しいものを打ち解けた人と食べる至福な時。
人はきっかけがあれば変わることが出来るから素敵ですよね。
過去の扉を勇気を持って開けてみる。重くてなかなか開かなくてもいい、時間をかけてゆっくりでいい。
自分が幸せと感じられることが一番大切なのだから。

その他のコメント

結婚を間近に控えたある日、突然兄と名乗る青年が主人公さくらの前に現れる。兄がいるとは初耳だし、何より自分より一回りは下に見える青年はいったい誰なのか…?

マイペースで少々押し付けがましく騒々しいその兄と名乗る青年を訝しみつつ読み進めていくのだが、物語は淡々とした日常の中に大らかに展開していきます。
深く傷ついた時には見えなかったものが今なら見えるということがある。

優しくてホッとするお話です。

読者

87d4ebfc 67c9 4829 8877 939d2fda796dCf2696c2 2b3a 4fd6 9146 4fa873b17527D90aebb2 cc38 47cf 97b4 cd69dea3f0f52b1007a8 5549 4aea a9a1 fe745f0a855bCc841888 d781 4e59 9578 49d9903628710d5b41db a6c2 4a51 b9c1 3d1e5b58c0c49a08bef2 cd80 490d 9715 7ce203a7f409Af076117 e663 47ae ae48 c57032a4c982 17人

瀬尾まいこの本

強運の持ち主

強運の持ち主

60729d69 c811 4eed a64c f6dc1a34a835

ぬぬに

非ワカモノです

占い師のヒロインを巡る人間模様を描く連作短編集。こういう適当な占い師には当たりたくないなあ。残念ながら世界に入れず。

約1か月前

3d3c14a0 d931 4d0a bf59 8db721e1786d0402b13a 8dbe 4ffe a5cc 2ab6b6824a00F9ed6367 e960 4960 9836 90617222a3a0 32
幸福な食卓

幸福な食卓

55630e9f 2915 4f22 bb80 1b77f5dd5120

Ayamura

本は通勤の友

いろんな問題を抱える家族の事情が、長女の視点で描かれている。 でも家族思いな家族で、不思議。 穏やかそうな、ゆったりした印象の空気感の中に、なかなかショックな出来事が描かれていて、ゆっくり乗り越えて行く感じ。 不思議で、仲良くて、問題を抱えた家族の素直な感じが印象にのこる。 家族団らんという平和な家族じゃななのに、食卓や食べること、だれかと食べることが描いていることで、なんだかちゃんとした家族な気がした。

4か月前

2f526087 9792 4478 b63b dc5f9bca29cb4dec5a75 851d 4eaf 994b a9496635af7657502aec 51d1 4445 930d 2d531c42e058 9
僕の明日を照らして

僕の明日を照らして

D50f2539 ebd5 4e29 9864 d294f89a05e9

k777

ただのひと

義父に虐待される中2の息子。お互い傷つけ合うだけの関係から克服していく様子に共感&圧巻。愛は強い。

4か月前

卵の緒

卵の緒

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4

ノノハル

my本棚の前で立ち読みしてしまい…

第7回坊ちゃん文学大賞受賞作「卵の緒」。ともう一遍。 どちらも家族とは何か、問いかけている作品で、文章が軽快で読みやすい。 日常の中に綴られている毎日こそが、家族の成り立ちなのだと気づかせてくれる。作者の人間性が溢れる作品で、暖かく優しくリアル。

5か月前