Icon stand

ストアでダウンロード

Btn appstore Btn googleplay
51shfmnzgfl

【文学/日本文学小説】残された人生で何が成せるか? 夢を見るときに人は強くなる──。4人のもとに現れた、才能あふれる若きボクサー・翔吾にボクシングを教え始... 続き

コメント

クライマックスのシーンはもう少し濃厚に描写されていればストーリーがさらに生きたかもしれない。ラストは読んでいるうちに想像できるが、清々しさが感じられた。

読者

3d1453a2 c7f8 4c03 8f78 f4d7f65df083535ddb64 59c5 48a4 9632 94496d8206cb

沢木耕太郎の本

51ukkf%2bwrxl

テロルの決算 沢木耕太郎

Aecedbc5 4380 43cc 8146 457c3d973756

主に電子書籍で読んでいます

父子関係に注視。個人が重視される社会で、個人の罪はどこまで親や親族が責を負うものなのか。こちらはライトサイドで、ぜひレフトサイドの円地文子『食卓のない家』(こちらはあくまでフィクションだが)と併せて読みたい。

2日前

6bcc80d6 103b 4757 8705 6b5c52e76b7b97a21eba 6bcd 485f 8b8a baae7aaffb7c