51fngabinvl

第151回芥川賞受賞作。「春の庭」書下ろし&単行本未収録短篇を加え 待望の文庫化!東京・世田谷の取り壊し間近のアパートに住む太郎は、住人の女と知り合う。彼... 続き

コメント

日常の生活や街並みが淡々としているのに、心地よい。「出かける準備」が面白い。

この装丁に惹かれて我が家の本棚に。あの写真集で見たものが実際に部屋の窓から見えたなら、なんて発想がとても好き。この装丁の写真を見てしまっているからか、作中に出てくる風景は全部少し褪せて光量が多くてでも少し薄暗い雰囲気で幸せな気分だった。でも終わりにかけて急に展開が読めなくて、少し困ってしまった。
この人の本、次は何を読もうかな。

読者

80f51ed9 5a97 4f46 8c10 87b5fc4a0f2eIcon user placeholderD6630da9 772e 49b5 b568 1d687963fbe0Ffe82d8f 2913 48e3 bfea 44de475c2b90Bdda8cb0 e275 4b1a 8897 f91ed8e5e31128c73358 fcf6 472d 9f4e 8b84c4b63a6780d5593d 19b1 49a9 8089 776340a0d15aB63b7a21 ea34 4e7e 87ce 03a9e96bb849 23人

柴崎友香の本

公園へ行かないか? 火曜日に

公園へ行かないか? 火曜日に

Picture

渡辺洋介

神田村経由専門書版元

「そして日本語が話せない毎日の中で自分が話したいと思うのは、話したいと体の奥から湧き出てくるのも、いつも大阪の言葉だった。」P.268、この自分のアイデンティティを認識する、視界がスッと晴れたような腑に落ちる感覚の心地よさ。 アーミッシュの村を訪れた後遠く離れたロンドンで回想する『とうもろこし畑の七面鳥』散文詩的な「どこまでも続くとうもろこし畑、緑色と枯草色。地平線。密度の薄い空間。途方もない空気の量。人間の気配のない、広大な土地。」P.85、アメリカンの質感にグッとくる

約1か月前

1ac099b6 c7ba 48ad 80ad bd934bb185f370823200 e58a 4519 9542 9ee10d79f58fIcon user placeholder 10
きょうのできごと、十年後

きょうのできごと、十年後

53e40bc2 f249 43d8 88dd 0d4b900b2a8a

岸本ミリ

好きなものは桃とクリームソーダで…

きょうのできごと、の十年後。私の好きな女の子二人に、優しい中沢くん、顔がかっこいいかわちくん、十年後も頑張ってる正道くん、顔が似ている男の子二人。いい意味で、"彼らの十年後だけ"を見れて本当に嬉しい。それはこの日が来るまでの日常を知ってしまうよりずっと意味のあることで(もちろん日常を知れるなら膨大な量でも読みたいですが)、こうして生きてて、ままならなくて、そんな一夜は十年前のあの晩を思い出すにはぴったりの日で、この日がずっと続けばいいのにな、なんて思いながら読んだ一冊でした。

約2か月前