51fngabinvl

第151回芥川賞受賞作。「春の庭」書下ろし&単行本未収録短篇を加え 待望の文庫化!東京・世田谷の取り壊し間近のアパートに住む太郎は、住人の女と知り合う。彼... 続き

コメント

日常の生活や街並みが淡々としているのに、心地よい。「出かける準備」が面白い。

読者

995cf149 14e7 49bf bd47 a80e3e976cf3377c1a98 acef 4d85 b001 5bfcd20b44268819ef64 91d0 4e81 b1c4 a73cf82d2b0aC9d3ecda e237 4c6e 8047 5fc4b5307b5371f179d9 4336 4ee3 957c 89270efa4522B7c07a55 361d 4690 b7f4 b95d617328d5 6人

柴崎友香の本

51kketsaojl
Df294017 d183 436e 8e14 12aa00edcccb

広告批判してたけど、今は広告売っ…

なんとなく、女性が書いたものが読みたくなって、図書館で借りてみた。 ちょうど私29歳。 世の中の29歳とはこんな感じなんだなぁと確認した(笑) 不倫率の高さよ。小説だからかいな?? いろんな29歳がいるなぁ。 改めて自分が今どこに立っているのか、確認できた。と、思う(笑)

2か月前

51nsdgmgvfl
F58fc46b 5e32 4a8a aa61 302ce3a20852

lazy_planet

生きる力の弱い人なので、本や家族…

装幀が好き。始まりと終わりの曖昧な週末、つながりながら新しく始まるそんな短編集。

3か月前

C71cc80d e588 4c3b 80f5 85c8b62b389d870e5356 1916 4821 b503 59c16c5338df
410yp1nivol
B1e77ac3 9774 4347 833b 973dcb63ec50

やな

本業はシステムやウェブ、紙モノな…

白地に白インクで印刷されたページ、読むのを邪魔しているかのように模様が踊りまくるページ、手書きが混じるページ、サイズの違うページ。読ませる気はあるのか?と問いたくなる。目次はそれぞれの作者による手書き。装幀は名久井直子さん、さすがである。持っているだけでも楽しい。まだ眺めているだけだが、読めるかどうかは不明。紙にもとことんこだわりありの逸品である。

9か月前

51tvmbydaal
Picture

渡辺洋介

神田村経由専門書版元/皆様よろし…

80年代から90年代前半にかけての出来事だと思うけどノスタルジーではなく時間軸が現在と並行に走る脳内宇宙を巡ってるというべきか。大阪南部を望むマンションから眺める通天閣越しの生駒山の朝焼けは只々美しい(金魚)喘息で眠れず朝を迎えたあの記憶がリンク

9か月前

F2c839bc b142 4633 a5ef 4b3a02e57b98B28d8472 e447 4a77 ba3d b9897eb56eca