61eh68eb3al

小鳩君と小佐内さんは、恋愛関係にも依存関係にもないが互恵関係にある高校一年生。きょうも二人は手に手を取って清く慎ましい小市民を目指す。それなのに、二人の前... 続き

コメント

とりあえず、春期限定いちごタルトはどんなだったか非常に気になる。

ひとつひとつは独立したストーリーとして楽しめるうえ、集まった時のストーリーの綿密さに息を呑みました

不思議な小鳩君と小山内さん。一癖も二癖もありそうです。日常に起こる小さな謎を小鳩君が、嫌々解いていきます。ラブも無く。死体もない。ミステリーです。

すっごいライト。ふわふわ。
面白かったから別に構わんのだけど、まあ、ふわっふわ。

甘いものを魅力的に表現している。
小市民シリーズ1作目。
シリーズを増すごとに面白くなるのでお勧めしたい本。

日常の謎。
ミステリが苦手な人もラノベや青春小説として読める、はず。

米澤穂信の魅力爆発の青春ミステリ。
推理力抜群の高校生二人が主人公なんですが、この二人が実にいい。甘いもの大好きの、小動物のような、でも実はとんでもなく恐ろしいヒロインもいい。

読者

5d2d080f 5dc7 475d b52f cc8c96194d77Icon user placeholderIcon user placeholderEae20dc9 4ff6 4b67 96b1 fce2d79b1823D4c06578 5e19 4a84 93eb 1b41497073b9Ee494f5e 3fb2 4a42 a84d 019463e66a09B78fe0f7 f225 47f0 a30a dfbacce79f5703063eb4 0433 46e1 a85a 554b52f22349 26人

米澤穂信の本

儚い羊たちの祝宴

儚い羊たちの祝宴

7d9f429e 1f0b 4fe6 b81b b70a0cfa60bf

じゅんた

ひとこと備忘録 ハードカバーが好…

Finishing strokeにこだわって作られたらしい、つまりミステリの短編集 「バベルの会」というキーワードで全ての短編が繋がっていて、全ての作品が暗くてとりあえず誰かが死ぬ。それも普通ではない殺され方、かといってミステリ好きからしたら目新しい殺し方ではないかも(自分はあまりミステリを読まないのでわからないが) ひとつひとつの短編は引き込まれるものがあるし、何かしらの知識がないと書けるものではないと思った

7か月前

3685983e 5f00 40ff bd7b fbf4fbb27dcc03063eb4 0433 46e1 a85a 554b52f22349Bba98bee dc8a 4928 b105 a6ee52d0ce9b 9