Icon stand

ストアでダウンロード

Btn appstore Btn googleplay
41cxqtjz9il

コメント

普段は望まないけど、心の奥底では欲しいと思ってるような、あたたかい言葉をくれます。
実家に帰って家族で味噌煮込みうどんが食べたくなった。

ほんとうに、ほんとうに良いです。人間って、生きるって、ほんとうに切なくって、愛おしい!

登場人物一人ひとりの優しさがあったかくて、読んでる側も誰かに優しくしたくなる本。
これからの人生も、ずっとそばに置いておきたい。

岩井さんが、テツコとギフの家でごはんを一緒に食べるようになって感じた一言に、グサっときた。

〜ここ(=岩井さんのマンションの部屋)はただ眠ったり食べたりする場所だということが、いやおうなく思い知らされる。仕事をすることをベースにした、合理的に作られた空間なのだ。ここには暮らしというものが一切ないのだ。〜

うーん、私の部屋のことのようで、ゾッとした。。
実家に帰るとホッとするのは暮らしがあるからかも。

東京に20年住んでいても、”自分の家じゃない”、”自分の町じゃない”、という感じが抜けない。
”単に仕事のためにここにいる”という暮らしをしているからなのか…

気になっていたら、貸してもらえて読んだ本。
特に大きな事件が起きるわけでもないけれど、日常の生活を、テツコと一樹が出会ったときのように、テツコとギフが暮らしていくように、私も過ごしていけたら幸せだなと思います。

チョット現実離れしすぎた感じではあるけど、楽しめた。
岩井さん、素朴で好感もてました

いなくなってしまったひとを巡る、いろんなひとの物語

気になっていて、このアプリでさらに気になり、読みました。
家族、家、そこにある空気、
大切なんだな、と思える本。
みんなが少しずつ優しくて、読んでいてほっとする時間をもてた。

ずっと気になっていた本。ギフとテツコの関係性が、なんか不思議なんだけどほっこり温かい気持ちになった。登場人物がそれぞれ個性があって、とくにギフと岩井さんのやり取りは好きです。とにかく温かい気持ちにさせられる本。

大切に暮らしている景色がいい。

ゆっくり人は変化しながらいろいろなものを受け入れていくという事を、最愛の人の死を受け入れ乗り越えていく3人の物語。
悲しいわけでもなく、楽しいわけでもない日常がいかに大事なんだと気づく感じ

読者

0458305c 50e0 4c9f bb10 e9acea3f3ad93fbabf60 7deb 4074 90ac 00441c40127a5cd558ef 0244 4de3 a51a 6bca5de4fd1694a0e84f fc4d 4f21 af03 c8221245286b35febbaf 965e 4a53 8879 a37b3862c0e4Icon user placeholder824c4709 bac7 4d12 b8d7 ff9ad37eb7a7Icon user placeholder 53人

文芸

ポースケ

ポースケ

9bdb99ea adbf 4491 80ec eb69f4ea8bf8

幾望

3匹の猫のお母さん。

誰しも心の中に靄がかかったような灰色の部分がある。それを完全ではないけど、どうにか払拭しながら日々暮らしている。 カフェ「ハタナカ」という場所、店主ヨシカが、癒してくれるというわけではない。いつも同じように迎えて、食事を出して、送り出してくれる。いつも同じが、嬉しい。 旅行で訪れた町の商店街のアーケードを歩いていて、ふと見上げた先に「ハタナカ」を見つけれそうな、親近感わく物語です。

約4時間前

Icon user placeholderF7d21f15 b0e3 42c2 8b26 58bc2b0dda82