41cxqtjz9il

コメント

普段は望まないけど、心の奥底では欲しいと思ってるような、あたたかい言葉をくれます。
実家に帰って家族で味噌煮込みうどんが食べたくなった。

ほんとうに、ほんとうに良いです。人間って、生きるって、ほんとうに切なくって、愛おしい!

辛くなったり寂しくなったりどうしようもなくなったり、人生で悩む場面はこれからもくると思うけど、そんなときに寄り添ってくれる本だと思います。

登場人物一人ひとりの優しさがあったかくて、読んでる側も誰かに優しくしたくなる本。
これからの人生も、ずっとそばに置いておきたい。

岩井さんが、テツコとギフの家でごはんを一緒に食べるようになって感じた一言に、グサっときた。

〜ここ(=岩井さんのマンションの部屋)はただ眠ったり食べたりする場所だということが、いやおうなく思い知らされる。仕事をすることをベースにした、合理的に作られた空間なのだ。ここには暮らしというものが一切ないのだ。〜

うーん、私の部屋のことのようで、ゾッとした。。
実家に帰るとホッとするのは暮らしがあるからかも。

東京に20年住んでいても、”自分の家じゃない”、”自分の町じゃない”、という感じが抜けない。
”単に仕事のためにここにいる”という暮らしをしているからなのか…

気になっていたら、貸してもらえて読んだ本。
特に大きな事件が起きるわけでもないけれど、日常の生活を、テツコと一樹が出会ったときのように、テツコとギフが暮らしていくように、私も過ごしていけたら幸せだなと思います。

家内が入院している最中、移動時間に読みました。
人が日々生きていくこと自体がいかに幸せなのか、ひとつひとつのお話から、活字を通して染み込みます。そうですよね、クルマ、捨てられないですよね。

チョット現実離れしすぎた感じではあるけど、楽しめた。
岩井さん、素朴で好感もてました

いなくなってしまったひとを巡る、いろんなひとの物語

久しぶりに最高クラスの本。登場人物全員があったかくて、好きになる。暮らしが見える本は、楽しくて、明日もよし、頑張ろうかなと思える。本棚に置いておくとすぐに決めた本。

気になっていて、このアプリでさらに気になり、読みました。
家族、家、そこにある空気、
大切なんだな、と思える本。
みんなが少しずつ優しくて、読んでいてほっとする時間をもてた。

ずっと気になっていた本。ギフとテツコの関係性が、なんか不思議なんだけどほっこり温かい気持ちになった。登場人物がそれぞれ個性があって、とくにギフと岩井さんのやり取りは好きです。とにかく温かい気持ちにさせられる本。

読んでいて心がぽかぽかした。
皆さんが書かれているように登場人物たちが魅力的で、章立ても細かいのでテンポよく読める。

ドラマ化したようだけど、これは活字で読むと味が出る作品。ギフ、とか。徹子とテツコの違いとか。あぁ本って、そういう微妙なニュアンスで、読み手の想像力を掻き立てるんだよなぁ。

ね、そうなンだよね?

大切に暮らしている景色がいい。

ゆっくり人は変化しながらいろいろなものを受け入れていくという事を、最愛の人の死を受け入れ乗り越えていく3人の物語。
悲しいわけでもなく、楽しいわけでもない日常がいかに大事なんだと気づく感じ

読者

9e5180a4 069c 49d9 a9d0 b81bd71d0ffa73c8ae9c 8ef7 422c bfd2 2b60ffb83742Icon user placeholder20f858c5 316d 44ab 8eff d3f42571a52019c6ff86 fb41 40d1 8d30 e24ee12cd21c6c203172 9338 4f25 8b69 7e892d67b66862729519 b5da 457a 9e8d d63bb95f75c8A20c6877 009d 4922 a0f4 4304c9f6c749 138人

文芸

麦本三歩の好きなもの

麦本三歩の好きなもの

427c6b74 d757 4a90 b196 eb453196302b

リトル

小説も漫画も絵本も読みます 読む…

一般的には天然と呼ばれるタイプの麦本三歩 学生時代は友人からドジを踏もうがポカをしようが仕方ないなぁと笑って許され助けてもらえただろう そんな女の子が社会人になったら・・・ 学生は好きな子たちだけで固まっていればよかったけど 社会人になったら当然合う合わないがあって 中には受け入れてくれない人もいる やっぱりミスばっかりする人とはあんまり仕事したくないかなぁ それに噛み噛み多すぎる

約17時間前

Icon user placeholderD3c988f0 bad0 4829 a271 c05be108d24fIcon user placeholder 83
四月になれば彼女は

四月になれば彼女は

3ad5edaf 2c78 40ec bb27 c54fdb4821a0

おなかすいた

とりあへずマイペースで

燃えつき症候群なのか、新たな目標や、これといって楽しみが見出せない最近の自分に、主人公の冷めたカンジが重なった。 大切な人との思い出の収め方も素晴らしい、忘れていきがちだが、改めて大事にしなければと感じた。 テーマに難しさ、話の進行に読みにくさもあったが、現在の自分と向き合ういい機会になったのかも。

約21時間前

Ff6412c3 1eed 48fa 9def f8fa740df82bB238858e 1e0a 4573 b97b 2c31572f0673Dd68cf61 1373 422d b23d ecb993c4a24c
逃亡小説集

逃亡小説集

929e7f2b fa63 4430 870c c2505ca9f1c7

Nirirom

積み本増加中

実在の事件や出来事をモチーフに筆者独自の物語を作りあげている短編集。 前作は犯罪で本作は〝逃亡〟がテーマ。雑誌の連載として読む分には楽しめると思うが、こうして一冊にまとめられると、各物語が弱く、つまらないような気がする。価格もこのページ数の割には高いように感じた。

1日前