41cxqtjz9il

コメント

普段は望まないけど、心の奥底では欲しいと思ってるような、あたたかい言葉をくれます。
実家に帰って家族で味噌煮込みうどんが食べたくなった。

ほんとうに、ほんとうに良いです。人間って、生きるって、ほんとうに切なくって、愛おしい!

登場人物一人ひとりの優しさがあったかくて、読んでる側も誰かに優しくしたくなる本。
これからの人生も、ずっとそばに置いておきたい。

岩井さんが、テツコとギフの家でごはんを一緒に食べるようになって感じた一言に、グサっときた。

〜ここ(=岩井さんのマンションの部屋)はただ眠ったり食べたりする場所だということが、いやおうなく思い知らされる。仕事をすることをベースにした、合理的に作られた空間なのだ。ここには暮らしというものが一切ないのだ。〜

うーん、私の部屋のことのようで、ゾッとした。。
実家に帰るとホッとするのは暮らしがあるからかも。

東京に20年住んでいても、”自分の家じゃない”、”自分の町じゃない”、という感じが抜けない。
”単に仕事のためにここにいる”という暮らしをしているからなのか…

気になっていたら、貸してもらえて読んだ本。
特に大きな事件が起きるわけでもないけれど、日常の生活を、テツコと一樹が出会ったときのように、テツコとギフが暮らしていくように、私も過ごしていけたら幸せだなと思います。

家内が入院している最中、移動時間に読みました。
人が日々生きていくこと自体がいかに幸せなのか、ひとつひとつのお話から、活字を通して染み込みます。そうですよね、クルマ、捨てられないですよね。

チョット現実離れしすぎた感じではあるけど、楽しめた。
岩井さん、素朴で好感もてました

いなくなってしまったひとを巡る、いろんなひとの物語

久しぶりに最高クラスの本。登場人物全員があったかくて、好きになる。暮らしが見える本は、楽しくて、明日もよし、頑張ろうかなと思える。本棚に置いておくとすぐに決めた本。

気になっていて、このアプリでさらに気になり、読みました。
家族、家、そこにある空気、
大切なんだな、と思える本。
みんなが少しずつ優しくて、読んでいてほっとする時間をもてた。

ずっと気になっていた本。ギフとテツコの関係性が、なんか不思議なんだけどほっこり温かい気持ちになった。登場人物がそれぞれ個性があって、とくにギフと岩井さんのやり取りは好きです。とにかく温かい気持ちにさせられる本。

大切に暮らしている景色がいい。

ゆっくり人は変化しながらいろいろなものを受け入れていくという事を、最愛の人の死を受け入れ乗り越えていく3人の物語。
悲しいわけでもなく、楽しいわけでもない日常がいかに大事なんだと気づく感じ

読者

4e1c3589 2eb0 464c bd94 6d3a5133c1cc6321cd00 979a 497f b8a4 279b41ab032142657be0 84b2 49ef a881 f5122d1ec73cEe494f5e 3fb2 4a42 a84d 019463e66a09Icon user placeholder6bd60b2d a909 497a a060 b0b2385d6aa7D7d91b99 7cd9 4f9b 8d7e 184545b18de1B357c5d4 925d 41dd 87d5 a56b70265399 67人

文芸

混合男児

混合男児

067ab35b 9be3 48cf 9f58 f3a8dcbd26c5

タムちん

こんにちは

他のレビューにもありましたが、とりあえず内容が薄くて展開も主人公の都合よく進むから途中で白けてくる。最後もなんだかなー。

約2時間前

ことり

ことり

C03ba3cc a965 4760 9953 8a0907da112b

tomomi

からだの本、科学の本、随筆、小説…

何気ない日常の描写の中に不思議なくらい引き込まれていく。

約7時間前

79887820 f565 4157 afbd 20a48b6202a75bd7e9de 9f8f 447a 8879 47ecae8ab48339a5c57b 21e2 4ea5 919b 7cb7bdcbf9e3
理由

理由

3a2b47f1 f858 4450 9ced afecef3d3d89

NB

27歳、社会人

信子の、石田さんと対面したときの描写が、もうなんともリアリティー。ここまで目の前で描けるとなると、文学の領域の広さに驚く。 相変わらず、現代社会の闇を描いた傑作。

約19時間前

Ec590c29 e53f 46eb afb0 d6ac20a94e00E014b6cb 83fe 4e54 93cc 355c9b858fe0Icon user placeholder 9