41cxqtjz9il

コメント

普段は望まないけど、心の奥底では欲しいと思ってるような、あたたかい言葉をくれます。
実家に帰って家族で味噌煮込みうどんが食べたくなった。

ほんとうに、ほんとうに良いです。人間って、生きるって、ほんとうに切なくって、愛おしい!

辛くなったり寂しくなったりどうしようもなくなったり、人生で悩む場面はこれからもくると思うけど、そんなときに寄り添ってくれる本だと思います。

登場人物一人ひとりの優しさがあったかくて、読んでる側も誰かに優しくしたくなる本。
これからの人生も、ずっとそばに置いておきたい。

岩井さんが、テツコとギフの家でごはんを一緒に食べるようになって感じた一言に、グサっときた。

〜ここ(=岩井さんのマンションの部屋)はただ眠ったり食べたりする場所だということが、いやおうなく思い知らされる。仕事をすることをベースにした、合理的に作られた空間なのだ。ここには暮らしというものが一切ないのだ。〜

うーん、私の部屋のことのようで、ゾッとした。。
実家に帰るとホッとするのは暮らしがあるからかも。

東京に20年住んでいても、”自分の家じゃない”、”自分の町じゃない”、という感じが抜けない。
”単に仕事のためにここにいる”という暮らしをしているからなのか…

気になっていたら、貸してもらえて読んだ本。
特に大きな事件が起きるわけでもないけれど、日常の生活を、テツコと一樹が出会ったときのように、テツコとギフが暮らしていくように、私も過ごしていけたら幸せだなと思います。

家内が入院している最中、移動時間に読みました。
人が日々生きていくこと自体がいかに幸せなのか、ひとつひとつのお話から、活字を通して染み込みます。そうですよね、クルマ、捨てられないですよね。

チョット現実離れしすぎた感じではあるけど、楽しめた。
岩井さん、素朴で好感もてました

いなくなってしまったひとを巡る、いろんなひとの物語

久しぶりに最高クラスの本。登場人物全員があったかくて、好きになる。暮らしが見える本は、楽しくて、明日もよし、頑張ろうかなと思える。本棚に置いておくとすぐに決めた本。

気になっていて、このアプリでさらに気になり、読みました。
家族、家、そこにある空気、
大切なんだな、と思える本。
みんなが少しずつ優しくて、読んでいてほっとする時間をもてた。

ずっと気になっていた本。ギフとテツコの関係性が、なんか不思議なんだけどほっこり温かい気持ちになった。登場人物がそれぞれ個性があって、とくにギフと岩井さんのやり取りは好きです。とにかく温かい気持ちにさせられる本。

大切に暮らしている景色がいい。

ゆっくり人は変化しながらいろいろなものを受け入れていくという事を、最愛の人の死を受け入れ乗り越えていく3人の物語。
悲しいわけでもなく、楽しいわけでもない日常がいかに大事なんだと気づく感じ

読者

B07d5f9b 9d10 4fca 86b0 7d27ef416947Ab6ed9e9 51eb 4c34 8f53 10a304408bd7Icon user placeholderE40d5efb 6f82 43dc 81f1 8ec6e019e78f65b89b30 f891 4d14 89af d24e21e2fbc653aeda8b 256f 4a32 8dd7 8e9f659b34f2Icon user placeholderAdb074a5 504f 46a7 ac80 4a8d80c6257a 99人

文芸

ヘイ・ジュード 東京バンドワゴン

ヘイ・ジュード 東京バンドワゴン

427c6b74 d757 4a90 b196 eb453196302b

リトル

小説も漫画も絵本も読みます 読む…

シリーズ13作目 1作目から全て読んでいるので 子供達の成長がよくわかります 大学生、高校生、幼稚園児になり 将来が決まってくる中 恋愛や結婚や人の死も関わってきて 誰もが通る人生がそのまま形となっています 堀田家はたくさんの人がいるので 相談や助けが必要なとき 困らないだろうなぁ なんせ 諸事情万事解決ですから

約16時間前

0fe26894 0f40 4293 be12 ce16d0cee15bA4bd55bc 1e40 40f1 969b 1c67ec341833
炎上する君

炎上する君

9bf08c61 71ea 457c bc63 c574c7067a2c

ジュニ

サスペンス、ミステリー、推理、ホ…

”この三年間であなたが一番得意になったことは、あきらめることだ。” ”でも今、数々の「あきらめ切れなかった」事々を思い出し、あなたは不思議に思う。”

1日前

6ee099c2 876b 42c6 a86e a50b5b0d369b3b1984e7 90a5 4314 9b49 a65600d890fe6b1ecbd4 c8fe 4904 bba2 58e97a02453b 9
ぼくは勉強ができない

ぼくは勉強ができない

342ce25e 820f 4ec0 914f ad7185d0e523

_09.63_

寝る間も惜しんで本を読みたい

恋を知らない 愛を知らない 女を知らない 男を知らない人たちに読んでほしい こんなにカッコよく高校時代を過ごしたかった

1日前

すみれノオト ---松田瓊子コレクション

すみれノオト ---松田瓊子コレクション

D2753c7a 86bb 4be1 817f dc13905388de

sakupan♪

綺麗なもの、可愛いものたちを偏愛…

日本にも、戦前まではこんな「良識ある両親に育まれ、クリスチャンとしての信仰を守り、純粋で無垢で可憐なお嬢さん」が本当にいたんだなぁ… 今はもう、絶滅してしまった、そんな「お嬢さん」の描く、可憐で繊細で美しい物語。 美智子妃殿下が作者の愛読者だったのも頷ける。 ただ、作中で、19歳の自分を「こども」と自称するのはどうなんだろ?昔はもっと早熟だったのでは(女学校卒業してすぐ嫁ぐとかありふれた話だったみたいだし)?今の19歳の女の子でも自分を「こども」とは言わない気がする…ちょっと違和感。

1日前