41cxqtjz9il

コメント

久しぶりに最高クラスの本。登場人物全員があったかくて、好きになる。暮らしが見える本は、楽しくて、明日もよし、頑張ろうかなと思える。本棚に置いておくとすぐに決めた本。

その他のコメント

普段は望まないけど、心の奥底では欲しいと思ってるような、あたたかい言葉をくれます。
実家に帰って家族で味噌煮込みうどんが食べたくなった。

ほんとうに、ほんとうに良いです。人間って、生きるって、ほんとうに切なくって、愛おしい!

読者

8817d9d2 f670 4857 8844 aad4222e18feCc69e19e 228d 4573 8b34 8afa3d3a97a653ff08bd c140 4e40 b93b b38b4b8ffbcc21d1582d 00a9 472b 8fef 4234d9656c62Icon user placeholderIcon user placeholderDdf01909 15e6 4b9a 97a7 21e23fc58f1eIcon user placeholder 90人

文芸

ペルシャ猫の謎

ペルシャ猫の謎

B605ce13 5449 414b 9e26 419cc8fff1e7

ねこのすず箱

主にミステリを読んでいます

異色の短編集。あとがき・解説に詳しく書かれているが、ミステリではないものあり。警察小説あり。問題作あり。切り裂きジャックを待ちながら、は、その中では王道寄りだが少し違和感。火村先生は声を張って、犯人に張り合うだろうか?劇団が舞台だから芝居じみているのだろうか?

約2時間前

Icon user placeholderB1af3c18 b6d4 4350 8e97 2d5137b6b5fbEc9d141a dc97 41df 812e 9427c9e8c25f
十六夜荘ノート

十六夜荘ノート

E13c4327 ac62 4f4f b670 f6bf657f08e1

ひろむ

月に6冊以上、年間75冊読破が今…

2018/10/18読了 現代的な生きづらさというか、成果第一主義でバリバリと仕事ばかりの人生を送ってきた雄哉が主人公のパートと、戦中戦後の時代を生きる華族のお嬢さんである玉青が主人公のパートが交互に物語を綴って進んでいく。やりたいことを自由にやる権利を当たり前のように生まれた時から持っている時代に生まれて良かったけど、でも今、幸せなのかと聞かれたら、自信を持って幸せだと言える人はどれくらいいるんだろう?世間の目って何なんだろ?自分を信じて、他の誰かや何かのせいにもしないで、きちんと自分の心に恥じないように生きていける人になりたい。

約5時間前

Icon user placeholder0d7a8e2c e124 4267 88b7 b8d8d918e9c698fe97a3 3898 4734 8940 4617f6aa6860 19