51jvocarjcl

放課後の誰もいない理科実験室でガラスの割れる音がした。壊れた試験管の液体からただようあまい香り。このにおいをわたしは知っている-そう感じたとき、芳山和子は... 続き

コメント

どれだけ時が経っても色褪せない物語。
恋の甘酸っぱさと切なさ。
読んだら必ず、"時をかけて"あの頃に戻れます。
これから読書を始めようとされている方に、是非読んでいただきたいです。
ほかの収録作で、驚くかもしれませんが‥‥‥。笑

その他のコメント

アニメ映画のほうは爽やかさを溢れさせたような作品だったけど、原作小説は柔らかい爽やかな風がそよそよ吹いている感じだった。どちらも大好き。

タイトルの話も面白いがその他短編もなかなか面白い

読者

Icon user placeholder1b2d0951 e41d 49b2 8d95 eab010845b3aB6a065d2 1712 4309 8acc b16077f6e90eIcon user placeholder3fd02c7d 938e 4822 97c2 e101f588f5e2763975fe 96d4 4bf4 b507 10749544f460699fafbc 8f1c 4fe0 9ba5 b924679d1b13640f728f e769 44af ba9a 68ef8e0f4aff 35人

筒井康隆の本

筒井康隆漫画全集

筒井康隆漫画全集

774af42e 30e9 462d a3c0 2639c09025a8

takeharu

主に漫画についての記録を投稿しま…

筒井康隆が、漫画をかいていたことを知っている方は少ないのではないだろうか?本人が描いた漫画の全集。1970年代初頭に、小説サンデー毎日で連載していたらしい。 小説の世界観はそのままに(絵にすると小説以上にぶっ飛び感が伝わってくるけれど)、SFはもちろん、シュールでナンセンスで混沌とした内容となっている。今なら絶対掲載できないようなキワドイ無秩序ネタが満載。 良い意味で漫画の型にハマっておらず、スリリングな読み応えのある一冊。

2か月前