51pojqeu3al

『景気は自らつくるもの』『販売は宣伝にあり』富山に生まれた青井忠治は、幼くして左目の失明、両親との死別と不遇な幼少期を過ごす。上京後、月賦商の才能を開花さ... 続き

コメント

物語として面白い!そしてマルイの会社としての成り立ちを知ることができて勉強になる。朝ドラで使われそうな内容。もう使われた?

読者

D418947f 7a7a 4e55 8279 91805e9cda40Picture

文芸

その手をにぎりたい

その手をにぎりたい

5a067eed dd41 4cee 906b c13c7737a6d2

yukimizuirosuki

じっくり選んでどっぷり読みます

カウンター越しの恋って色々あるけど、それがお鮨屋さんでっていう展開は初めて。職人さんから手から手へ渡されるお鮨、なぜが色っぽく感じる。このお店に通うために青子はキャリアを重ねていくけど、その度に感情がねじれてく。 出てくるお鮨は美味しそうで美味しそうで。 最後にほろりとくる。好きな本です。装丁もすき。

約7時間前

80d5593d 19b1 49a9 8089 776340a0d15a9922679c 987e 440a beab 7bdc46dc49f4522b2427 7b6f 4545 9fc6 099fc68c2211 14
ガルヴェイアスの犬

ガルヴェイアスの犬

E3429d5e 1734 460e 8d95 f9e374d2854a

kasa

旅行や食に関する本、 海外文学、…

ポルトガルの小さな村が舞台、たくさんの人々のそれぞれの人生。 その土地に生きた記憶を読みながら想像する景色が楽しかった。 『誰にだって、運命の場所ってもんがあるのさ。誰の世界にも中心がある。』

1日前

Efcf6eeb f774 4dbe 9d59 ff4b87d0d1464fce670e 6049 4aa0 8bcb 05ec248d276fIcon user placeholder