41a6aqumihl

デザイン会社に勤める由人は、失恋と激務でうつを発症した。社長の野乃花は、潰れゆく会社とともに人生を終わらせる決意をした。死を選ぶ前にと、湾に迷い込んだクジ... 続き

コメント

苦しくて、辛くなる小説。読み始めて数ページで、読み進めるのどうしよう、と迷う。
それだけ圧倒されます。窪さんの筆力って本当にすごいなあと思います。あと超ド級マイナー 地域の我が地元が学区レベルで登場します。嬉しいです。何にもなさすぎて大嫌いな町でしたが、いまは大好きです。

まるで自分が体感したことのように、するりと入ってくる。窪美澄の言葉の強さに圧倒されます。刺さります、刺さりまくります。

『ふがいない僕は空を見た』は映画化されましたが、こちらもぜひ映画化希望。えっちではないです。

死にたくなったら死ぬ前にまずこれを読め!
ずっと暗いトーンで話が進むけど、最後はうまくまとめていると思います。

道の続くところまで行く、海の続くところまで行く

なぜ人は生きるのか、この問いに答えはないのかもしれない。だから、目先の目的を設定してその実現に全力を尽くせばよい。
48歳、24歳、16歳の登場人物たちが絶望の淵から見出したのものとは?

生きるって、いろいろ息苦しいことがあるんだよねぇ。

どうしようもない現実を描いてくれた。
なんでもええやん、生きていける。そう思った。

読むのが辛いけど、辞められなくて、夢中で読みきった。
勇気をもらいました。

重くて救いのない人生に疲れた3人の男女。そんな3人が湾内に迷い込んだクジラを見に旅立ち、そして最後に…。
最後の章は賛否が分かれそう。因みに僕は不満派。

読者

Cbb41ae6 6998 4f91 918f b9596f96a755Icon user placeholderIcon user placeholder1f65482f f70a 45f0 bd48 19aa5354ba6b7f7ab04a 124a 48f3 bc80 0f934f23e5274da55510 79b1 4a02 a4fb 8a3af3c71277F6ce5dda 1862 4b16 b852 9fe7ff383b5cB4b40928 a0a8 4675 8c13 8e53c835918a 33人

窪美澄の本

さよなら、ニルヴァーナ

さよなら、ニルヴァーナ

E0653cbb dde2 4174 9b68 a3e17d6fe915

ワンダフル

本屋さんと高校野球が好きです。

窪さんの本は今まで何点か読んでいて、新刊を書店で見かけて、しかも最初のページに『書店員』の文字を見つけて、これは!と思って買いました。 内容は、、今まで読んだことのある窪さんの小説とは違ったとだけお伝えします。

5か月前

C2d6999d 627d 40ac b68a 80aae8485e75Icon user placeholderIcon user placeholder 25
じっと手を見る

じっと手を見る

B7c07a55 361d 4690 b7f4 b95d617328d5

なかむう

小説が好き。

淡々とした日常の中の不安と孤独感。よるべのない人たちの話。自分の居場所を探す話。「よるのふくらみ」が好きな方はたぶんこの話も好きなんじゃなかろうか。

6か月前

3b1984e7 90a5 4314 9b49 a65600d890feBf80402e 2475 41c6 a54a f979444ee1c06c381bd5 9159 4827 952a 6a4284adbc7b 33