41a6aqumihl

デザイン会社に勤める由人は、失恋と激務でうつを発症した。社長の野乃花は、潰れゆく会社とともに人生を終わらせる決意をした。死を選ぶ前にと、湾に迷い込んだクジ... 続き

コメント

読むのが辛いけど、辞められなくて、夢中で読みきった。
勇気をもらいました。

その他のコメント

苦しくて、辛くなる小説。読み始めて数ページで、読み進めるのどうしよう、と迷う。
それだけ圧倒されます。窪さんの筆力って本当にすごいなあと思います。あと超ド級マイナー 地域の我が地元が学区レベルで登場します。嬉しいです。何にもなさすぎて大嫌いな町でしたが、いまは大好きです。

まるで自分が体感したことのように、するりと入ってくる。窪美澄の言葉の強さに圧倒されます。刺さります、刺さりまくります。

読者

1f65482f f70a 45f0 bd48 19aa5354ba6b7f7ab04a 124a 48f3 bc80 0f934f23e5274da55510 79b1 4a02 a4fb 8a3af3c71277F6ce5dda 1862 4b16 b852 9fe7ff383b5cB4b40928 a0a8 4675 8c13 8e53c835918aE0653cbb dde2 4174 9b68 a3e17d6fe9150d1bf5d5 a33b 4950 ae04 258a2d4bd5e1Aba3704d c280 41c9 84da 0ac22748e82f 30人

窪美澄の本

さよなら、ニルヴァーナ

さよなら、ニルヴァーナ

E0653cbb dde2 4174 9b68 a3e17d6fe915

ワンダフル

本屋さんと高校野球が好きです。

窪さんの本は今まで何点か読んでいて、新刊を書店で見かけて、しかも最初のページに『書店員』の文字を見つけて、これは!と思って買いました。 内容は、、今まで読んだことのある窪さんの小説とは違ったとだけお伝えします。

2か月前

0d7a8e2c e124 4267 88b7 b8d8d918e9c60d4f8c60 157b 40c8 9bae b3d8b7ea1e4b670c22a2 0a21 4db2 b4b8 d73c34ddb858 16
じっと手を見る

じっと手を見る

B7c07a55 361d 4690 b7f4 b95d617328d5

なかむう

小説が好き。

淡々とした日常の中の不安と孤独感。よるべのない人たちの話。自分の居場所を探す話。「よるのふくらみ」が好きな方はたぶんこの話も好きなんじゃなかろうか。

3か月前

8999a782 18c5 4fdc ba2b c315142ed1066321cd00 979a 497f b8a4 279b41ab03210afb00f7 1356 4a27 abf8 877059e48481 24