51hlt0y%2bsrl

旧版『暇と退屈の倫理学』は、その主題に関わる基本的な問いを手つかずのままに残している。なぜ人は退屈するのか?-これがその問いに他ならない。増補新版では、人... 続き

コメント

0085
2018/12/27読了
暇と退屈について考えると、歴史とか経済とかいろんなことが絡むんだなあ。
退屈を感じないために苦しいことを望んでいるとは驚いた…。
環世界という言葉は初めて聞いた。
人間はずっと退屈と向き合っていかなきゃいけないものらしい。
奴隷にならないようにしたいものです。

その他のコメント

すごく面白かった。自分の店もまた、どなたかにとっての、この暇で退屈がゆえに苛烈な人生を生き抜くためのバラの花の一片として、贅沢と浪費の時間としてあれたらなと、そう思う次第でした。
というようなことをブログでくだくだ書いたのだけどStandってURL貼れるのかな。試しに。 http://fuzkue.com/entries/152

オススメされて、やっと読了!
すごく面白かった。
大学院の時に研究していたテーマに近くて、すごく興味深く読めた。
アドルノの文化産業論から発展し、改めて今、私たちは何が問題なのか?というのがキレイに洗い出されて、明確になった。
この本のテーマソングに東京事変の「キラーチューン」を指名したい。
『贅沢は味方』だ。

とても丁寧に書かれていて、分かりやすく理論が展開していて、論文のお手本のようでもあった。

人生なんて暇つぶし。
さてさて、これから私は何を楽しもうか。前向きに待ち構えて、人間らしく生きていきたい。

読者

C621b69e e0ae 4d54 8711 e222efe90d544c39dd78 33f5 447d b8f1 7031c02b83b56db3f0a2 636e 4594 91af d342928bb009C70c8950 1f52 41ea 83f8 44049d97ec0431e6f918 5815 4f2b 83bb 2b1fb3a8208d0df5f4d3 7eba 4a66 a641 4541c100da51C0b12dbb 5307 4c85 a93b 1b27f63abe570023de40 54f1 41ba ba84 80dbfed96b7c 91人

國分功一郎の本

社会の抜け道

社会の抜け道

Cbda7f18 b4b3 417b 9513 712e1d292184

ひろむ

月に7冊以上、年間では85冊読破…

2019/1/14読了 IKEAやコストコに行って消費社会のことを考えたり、保育園を見学して少子化や保育園と幼稚園を統合しようとする動きのことを考えたり。現実的に直面している事例を通して、これからの日本の「社会」がどうなっていくのかを、社会学者の古市さんと倫理学者の國分さんが対談している本。 それぞれが留学していたフランスや北欧でのワークライフバランスとの比較論とか、なかなか面白いんだけど、別にこれ読んだからといって、すごく目新しい視点とか気付きとかは得られない。 北欧では小さな頃から自分達のことは自分達で決めさせられる教育を受けるけど、日本人は教室の中の小さなことでさえ、自分達ではなかなか決められない。そういう自己解決・決定の精神が幼い頃から培われないから、大人になっても批判はしても自分で動かない人が多い、というような話が出てくるんだけど、そういうところ確かにあるなぁと思った。

4か月前

僕らの社会主義

僕らの社会主義

Afbad0e2 07ad 46e4 9eb8 de2357ec1535

まさと

ちょこちょこと読む

社会主義に対する印象が大きく変わった。社会主義の基本はみんなで分け合うこと、そして楽しむこと。どちらも今の社会で必要とされていることだと感じた。 また、社会主義で一番大切なのは教育だと感じた。持っている知識をみんなで楽しむために惜しみなく人に与える。それが社会主義の一番ベースとなる形なんじゃないかと思った。 二人とも実際に地域の活動に参加している人たちなので、言葉に説得力というか現実味がある。理想を語るだけでなく、それをどう実現すべきかを常に考えている印象を受けた。

約2年前

60f19677 4625 4b1c 8c21 c00e3a2a1a9a5f7643ca afcd 4ec2 8f06 fa7ef7a843727cf89040 903d 4577 9f5d 18ed1a8c7fa5
中動態の世界 意志と責任の考古学

中動態の世界 意志と責任の考古学

89e302dc 61e2 4acf b97e bf2a8c22fa0e

半井志央/Shio Nakarai

ずっとずっと本を読みたい @s…

「しゃべってる言葉が違うのよね」「たしかにいまは日本語で話をしているわけだけれど、実はまったく別の意味体系が衝突している、と。」 という対話のプロローグにぐっと心を掴まれたのに読むのにとても時間がかかってしまったし難しいところは理解しきれていないかもしれないけれども、今の自分にとってすごく重要なことが書かれているとは思う。何度か読み返さなければいけないかもしれない。 外部の要因と人間の欲望と自分の選択について、そして「自由」について。自由になりたい自由になりたいと思いながら不自由さをどうにも出来ない自分は、自由になるための道として中動態を理解したいと思う。能動的でなければならないと言われているような居心地の悪さから、少し距離が置けるような気がする。 「暇と退屈の倫理学」「哲学の先生と人生の話をしよう」など、國分功一郎さんの本は、私にとって世界の捉え方を変えるヒントをくれる。

約2年前

C621b69e e0ae 4d54 8711 e222efe90d54Cd478bcf 897e 4c70 974c 0b4c6067e818640f728f e769 44af ba9a 68ef8e0f4aff 31