51gaulg1pbl

理子、亜紀、彩加、愛奈。4人の書店ガールたちが、葛藤と奮闘の末に見出したそれぞれの道とは。大人気シリーズ、堂々の完結編。 続き

コメント

書店ガールシリーズの最終巻。書店のリアルな状況を書いたのだと思うけど、キャラクターがイキイキとするような、もうちょっと大団円的なまとめ方が良かったなー。

読者

28bebfeb 0345 42a3 bd34 c659b284ef31

碧野圭の本

駒子さんは出世なんてしたくなかった

駒子さんは出世なんてしたくなかった

9b7b10e5 4fb3 4a41 a86b 9a79d145935d

もちもち

食べ過ぎ、飲み過ぎ、読み過ぎ注意…

会社など組織で働いていると、駒子さんに限らず誰でもある時期に来ると「次の段階」に向き合わねばならない時、いわば人生の曲がり角がやってくる。 曲がり角の先には困難や苦労もあるから角を曲がる前は大抵緊張したり尻込みしてしまう。 本書はまさに会社人であり家庭を持つ駒子さんが曲がり角でさまざまな葛藤に直面しながらそれをどう乗り越えていくかという物語。 仕事上の曲がり角と家族の曲がり角が同時期に重なり、その大変さが身につまされる。 けれど駒子さんがそうであるように、危機的状況には結局はそれまでに自分がどう生きてきたか、周囲の人々とどんなふうに信頼関係を築いてきたかということが命綱になる。 自分の味方は、一生懸命に生きてきた過去の自分なのだ。 お仕事小説は数あれど、地味な(失礼)主人公、地味なお仕事にここまでいろいろ感情移入したのは初めて。 地道に真面目に仕事と家庭を大切にしながら働くたくさんの人に読んで欲しいと思う。

5か月前

147b636e f7bc 4dcd b95b 758ad1e4092eIcon user placeholder458ad271 7b87 4f58 b6c8 2174cd27c5c2
書店ガール 6 遅れて来た客

書店ガール 6 遅れて来た客

28bebfeb 0345 42a3 bd34 c659b284ef31

サイカワモエ

本と本棚好き。

シリーズ作品ではあるけど、特に前作の続編の色彩が強い。駅ナカの本屋、ラノベの作家、静岡のパン屋。このシリーズのほんわかする感じが、とても好きです。今回の終わり方は、静岡編を期待させるし、アニメ化の結果も気になるし、『書店ガール7』が楽しみですね。

1年前

73bcff32 87f3 41c7 b87c 27d1f1b2a87bDefault profile normal
書店ガール 5

書店ガール 5

F7386da8 ed29 45ff a6ae 281069072763

とぉとぉ

ほんにうもれたい

第5弾。一気に読了。 売れる本=作り手、支え手の想いが込められているものばかりではない。私が働くのは分野としては違う出版社だけれど、本が売れないのは、読み手が減っているだけではない気がする。本を手に取ることは、ただの消費(消化)活動とは別の流れであってほしい。全ての人には難しくても、必要としている人に寄り添えるものをつくりたい。

2年前

73bcff32 87f3 41c7 b87c 27d1f1b2a87b9fb79438 eab9 4d97 a4b8 f0c92db6834328bebfeb 0345 42a3 bd34 c659b284ef31