51vllhz3uvl

島に一軒だけある書店の主フィクリー。偏屈な彼の人生は、ある日を境に鮮やかに色づきはじめる。すべての本を愛する人に贈る物語 続き

コメント

素敵な物語。

古き良き「北米文学」

紙の本で、しかも文芸作品を読むという行為が既にノスタルジックになりつつある中でこの物語は古き良き北米(アメリカとは言ってない)文学体験を思い出させてくれる。

ポール・オースター、カポーティ、メルヴィル、フォークナー、ヘミングウェイ、ルーシー・モンゴメリ・・

本を読むのが大好きだったし、書店が好きだったし、古本屋も好きだった。
しかしいつからか読書から遠ざかり、お気に入りの書店は縮小され、或いは閉店し、気付けば電子書籍リーダーやらスマホやらで活字中毒の禁断症状を癒した事もあった。

『いまやチェーンの大型書店もいたるところで姿を消しつつある。彼の見方では、チェーンの大型書店のある世界よりもっと悪いのは、チェーンの大型書店がまったくない世界だ。』(p.287)

この物語は孤独、ひとりぼっちだった主人公たちが読書を通じて、書店を通じて、繋がりを得てゆく物語である。

このプロセスはまるでモンゴメリの『赤毛のアン』よりもむしろ『可愛いエミリー』を読んだ時の体験に似ていたかもしれない。

しかし、やがてAmazonや「電子書籍リーダー」の登場と加齢が迫ってくる。

現代は、活字を、言葉を失いつつあるのだろうか。

むしろ、我々はもう既に十分過ぎるほど言葉を失い、文芸を読むという行為を失い、豊かな感情体験をする機会を失い、共感する心もなくなりかけているのだろうか。

読書は元来孤独な行為だったが、読書をする人はより一層孤独になってゆくのではないか。

このようにも感じる事もある。

そこで、『ぼくたちはひとりぼっちではないことを知るために読むんだ。ぼくたちはひとりぼっちだから読むんだ。ぼくたちは読む、そしてぼくたちはひとりぼっちではない。』(p.327)というフィクリーの言葉が刺さる。

そして、各表題代わりの短編の名前とフィクリーの名で書かれた読書リストが、最後の最後に活きてくる。

この素晴らしくノスタルジックで素敵な物語体験は本が好きでよかった、としみじみと感じさせてくれる。

古き良き北米文学だった。

読者

8bf48a7d 6668 4efb b339 79b3b7b29d0508634c99 3a43 40c1 9ad5 6ba772150f2cCb292262 5d04 49b0 a83b 2c35d1bc843bIcon user placeholderA516b2b3 30cc 4f7a ba08 137aa25c3ea5Ed56f445 daa3 45bb 8236 00ec7f9eddda748c3c26 e683 4d7f 8adc f59fc18ef37cIcon user placeholder 30人

ガブリエル・ゼヴィンの本

書店主フィクリーのものがたり

書店主フィクリーのものがたり

9b7b10e5 4fb3 4a41 a86b 9a79d145935d

もちもち

食べ過ぎ、飲み過ぎ、読み過ぎ注意…

小さな島の小さな本屋。 そして本を通じて結びつく人々。 数十年前、田舎暮らしの私にとって、読みたい本を手に入れるということは困難なミッションみたいだった。 近所の本屋に注文する、街まで出かけて大きな書店で探す、いくつかの図書館を巡って探す。 どれも時間と手間と、なによりも情熱とか執着という「気持ち」を必要とする。 もちろん簡単に手に入れることができる現在の方がいいに決まっている。 だけど、その頃手にした本には「気持ち」という価値が付加され、輝いていたなあと思う。 フィクリーの店で買う本にも、きっとそんな輝きがあると思う。

3年前

E1f2327e 44e3 4843 be15 fad74cf2b2574282fd02 d0b0 40d9 a72b 2aada7900676Icon user placeholder 27
失くした記憶の物語

失くした記憶の物語

C44edac8 97e1 460d 8138 f45e0dae16b8

mii

よろしくお願いします

恋を重ねて女の子は強くなっていくんだね。大事なひとはまだ出会ってないかもしれない。ほんとはすぐ側にいるかもしれない。そんな相手を早く見つけたいな。

約4年前