51lexta2dnl

今井翔子は本と書店の仕事を愛する26歳の書店員。ファミレスの厨房でアルバイト中の恋人とベストセラー作家、まったくタイプの違うふたりの男性の間で心は揺れる。... 続き

コメント

愛なのか、お金と地位なのか。
大人になれば愛だけでやっていけるとは思えない。けど、お金と地位があっても、それは魅力的に見える、だけ、かもしれない。
価値観で見え方が全く変わる本かと。

その他のコメント

愛かカネか。
すべての人に、必要とする人がいる。
つい見落としている“幸せ”に目を向けてあげられるようになれそう。そうしたい。それが奇跡のはじまり。

年齢が同じくらいなので、仕事や恋愛についての悩みに共感できた。このくらいの年齢は色々考えてしまうんですよね。。

読者

Icon user placeholder79ab99f7 fc22 40af b0fc 678931cdd2626af8b131 1947 49e2 8ca4 bb340709c6fd5e9afe22 50b3 41ad 8d50 a1fcb26945b6Ae646a14 9683 469d b05a 35ea28a58d777656e65c a88a 42cf 870e af2a604a25abD567fe11 67ed 4475 b141 8690d26d4c8700d7f2b7 f7df 42aa b8aa 08d6aa31f01f 9人

文庫

誘拐

誘拐

Picture

渡辺洋介

神田村経由専門書版元

吉展ちゃん誘拐事件に揺れる世間。本書はその世間の醜さも映し出す。誘拐に苦しむ被害者家族や支える人達に対するいたずらや脅迫だ。 「この種の脅迫者は自分を特定されない空間に置き、受動的な立場をしか選べない相手を、思いのままにいたぶる 闇の中の存在である彼は、そういうとき、普段は決して現わさない奥深くひそめた残忍さを、海中の発光虫のように、隠微に解放させているに違いない」p.204 人間の本質は今も昔も変わらないという事か。ネット社会の現在はより巧妙に更に奥深く広まっているのだが。

約4時間前

406f1245 066b 423b 87eb 22a797955e9779db7a27 65e0 4abe 91ce f246bca4f2bd0a084b3e 3ba9 498b 88f5 64a4294c18fe 10
さようなら、ギャングたち

さようなら、ギャングたち

3a1be093 1d7d 4e6b 8010 9b9691e1d3b1

みー

考え中

大学生のときに読んでから、ずっと大好きな本。 キャラウェイの登場するあたりが、一番切なくて印象に残ってます。 こんな小説がもっと読みたい!

約4時間前

6c297c28 f15b 4bd1 b046 0af57a8709c91c81c53e fffc 4e52 a0ac aad944d8e01d5c50f524 f6b7 412a b19b e458d59db9fd 20
きつねのはなし

きつねのはなし

64e50687 d69c 4a16 9e02 a2dc2e49048a

HSSISOLATED

人生で何度目かの読書熱

正気と狂気の狭間で揺れる不思議な物語だった。 ひたひたとした冷気のような恐さが漂い、どこか普通ではないという違和感、世界が段々と不穏な恐ろしいものへと変わっていく、そんな体験ができる物語だった。 現実検討力、自他の境界や自我同一性がゆっくりと曖昧になものになる。まるで芥川龍之介の『歯車』のように。 人間の自我が現実原則と幻想、正気と狂気の狭間で危うげなバランスが保たれるているのかもしれない、そんな怖さを感じる。 短編小説でありつつも京都と言う土地、不思議な古物商、そしてきつね或いはケモノという緩やかな繋がりがある。 いや、緩やかに繋がっているという知覚自体、ひょっとすると既に妄想的な関係念慮なのか・・ と、言うとさすがに病的に過ぎるかもしれないけども、そんな不思議な怖さがある「怪談」であり、どこかノスタルジックだった。 その他 『ふざけた狐の面がくっついていて、それはどうしても取れない。』(p.59)

約8時間前

6c876b72 6e94 463a 9040 7d8cef6d61b6E7b94d4b 30a6 4cc0 a9a9 45ba8574a3512feacd2a b058 49bd 9d12 9535ea249592 45