51jxmu%2bbwbl

発行元から

台湾が大好き、40回以上、たぶんもうすぐ50回近く行っている、というと、みんなに「どこがそんなに魅力的?」と聞かれます。
食べ物が美味しくて、人が優しくて、町並みが素敵で、物価が安くて、治安が良くて、移動が楽ちんで、日本から近くて、ほどよくゆるくて……全部当たっているけど、でもそれだけじゃない気がする。

この本には、私が好きな台湾を、宝箱のようにぎゅっと詰め込みました。全部のページで「台湾大好き」と叫んでいるような本です。
台湾はもう何回か行って、定番の所は見たけど、もっと何かないかな、という人に楽しんで貰えるといいな、と思って書きました(もちろんファースト台湾のガイドブックとしても最適だと思います)。

この本を読んで、台湾に行って、台湾が好きな理由の言葉にできない部分が、なんとな~く伝わると嬉しいです。
(はじめにより抜粋)

目次

【胃袋のよろこび。食べる編】魅惑の小籠包/麺と米を愛す/小腹の味方
/朝ごはん天国/求む! たくさんの胃袋/甘い物は別腹
/おめかしレストラン/飲み物はライフライン/
台湾といえば「夜市」でしょ!/「朝市」で地元気分を味わう!
【おでかけ台湾。日帰り編】
台中~古くて新しい建築天国~
北投~楽しく美味しくお料理教室~
宜蘭~よりどりみどりの遠足へ~
【おでかけ台湾。1泊2日編】
台南~ただいま、と言いたくなる街~
玉井~いざ行かん、マンゴーの聖地へ!!~
新竹~桃園から40分の桃源郷~
阿里山~お茶の名産地、深呼吸をしに行こう~
【歓迎光臨、台湾茶的世界】
台湾茶の文化に触れよう
【おうちで楽しむ旅の後夜祭】
キッチン編/オシャレ編/文房具編/ドラッグストア編/甘味編/食べ物編
haruna's kitchen おみやげレシピ

etc.

池澤春菜の本

乙女の読書道

乙女の読書道

Eb99d8be 08bd 483a a0cf b724a1456ac9

rin-books

社労士事務所で悶々と働く3歳児母…

ファンタジーはちょい苦手、SFは食わず嫌い!!なのですが、池澤さんの溢れんばかりのSF偏愛っぷりに触れると、そ、そこまで言うなら、読もうかな‥?と思わされる。 オススメに従って、初心者はナンシー・クレス『アードマン連結体』から手に取ろうかな‥ 表紙の写真が池澤さん自身の本棚らしい‥と聞いてガン見。読めそうで読めない背表紙が多くてじれったい。くぅー! しかし私もこれくらい大きな本棚が平然と置けるおうちが欲しい。

4年前