9784198647728

これは、忘れられたものと、世の中の隅の方にいる人たちのお話。 喫茶店〈ゴーゴリ〉の甘くないケーキ。世界の果てのコインランドリーに通うトカゲ男。映写技師にサ... 続き

コメント

夜寝る前に読んでほしい作品だそうです。24編の短編です。
チョット眠たくなるくらいに、話がホンワリ終わる。
感情を激しく揺すぶられることもなく。ああ、これで終わりなんダァ。と思って、次のお話へ。
こころ安らかになること請け合います。
題名がとてもいい。人生のチョットした彩りです。

その他のコメント

おそらく、この星で生きていくために必要なのは「月とコーヒー」ではなく「太陽とパン」の方なのでしょうが、この世から月とコーヒーがなくなってしまったら、なんと味気なくつまらないことでしょう。

読者

4039f9ab 21e0 46d2 9d46 6d4b2f6d8b25Icon user placeholder40316e3b 2aa6 4513 b6e0 5d4597a48c226cb5df69 ceea 4233 aaae 413922b5218cCd089201 46b1 4f2b a046 b0ef2685e1acE9060055 3283 4b39 addc aadb5890c11eIcon user placeholder7c1dc9c5 4e7b 4e9c b2da 83d8eaeda652 30人

吉田篤弘の本

おやすみ、東京

おやすみ、東京

9b7b10e5 4fb3 4a41 a86b 9a79d145935d

もちもち

食べ過ぎ、飲み過ぎ、読み過ぎ注意…

深夜の東京で働くタクシーの運転手や映画の小道具係や電話なんでも相談係や探偵たち。 あとがきによると、それぞれが1冊の本が書けるほどの背景を持つという魅力的な登場人物たち。 一見すると孤独にも思える彼らが、まるで星と星を結んで星座が出来上がるみたいに、きれいに繋がり幸せをつかむ物語は、眠りに入る前に読む大人のためのおとぎ話のようだった。

24日前

657cdc2f c4dc 4b18 b49e 93579b43d37dIcon user placeholderF7c576e9 180f 4041 ab2a 70765d8c4cac 9
雲と鉛筆

雲と鉛筆

0023de40 54f1 41ba ba84 80dbfed96b7c

小説/デザイン/美術書/漫画 コ…

0139 2019/09/04読了 3編のやさしい物語。架空の町に暮らすぼくの日常。 「人生」気になるなあ。バリカンも好き。ジュットクは胡散臭いけどエピソードが切ない。 この世界観に浸るの好きかも。他のお話も読んでみたい。

3か月前

C70c8950 1f52 41ea 83f8 44049d97ec04Ca7fad3e 108a 4373 bb96 767e6a9ad9173758a284 56fe 47a8 aa04 9a7f698964ba 12
おやすみ、東京

おやすみ、東京

Be32b7b2 9634 4ece 8e1e 1146cb002797

やし太郎

なかなか本を読む時間が最近は取れ…

深夜1時に、さまざまな人のもとに些細なできごとが起こり、そしていつの間にか皆がつながってゆく。東京だったらこういうことも起こるのかなあ、でも(私の住む街は人が少ないからともかく)あれだけ人が多いとそうは起こらないよなあ…と思いつつ、ではどこに話が収束して終わるのかなあ…と、ここちよい困惑が楽しかったところです。 1度に読まないと、この登場人物って何をしてる人なのか、わからなくなりますね。それより著者としては、「その情報は、作中世界の理解に重要じゃない」と思ってるからこそ、そのあたりを伺わせることまでほとんど明記していない。その気持ちはわからなくはないものの、私には人の区別がつかなくなってしまうんです(特に女性陣)、おおよその年齢すら全くわからないと…。

11か月前

8870230d 5270 4d09 9530 2574d3a04576A118227d 0b04 4771 a2a4 742d6d23842cF5fa4a1e 794c 4d04 b989 47afc9e23379