41nr1mx1gtl

「ぼくは描かなければならないんだ。そうするしかないんだ」妻子とともに平凡に暮らしていた株式仲買人のストリックランドは、絵を描きたいがためだけに40歳にして... 続き

コメント

ゴーギャンを素材にした傑作とあり、読んでみました。
現実とは、違う部分もあったらしいですが、天才とか鬼才は、やはりこういう人達なのかな。と感じます。
改めて、ゴーギャンの作品を
ゆっくり眺めて見たいと思いました。

読者

58ce801a 48f1 4954 8db7 de8340e549e7

ウィリアム・サマセット モームの本

月と六ペンス

月と六ペンス

47e08e49 e5c0 4a11 90c6 db62baeca62a

inoue

Webエンジニア

モームの代表作。画家ゴーギャンがモデルとされます。ゴーギャンの伝記そのままではないようですが。六ペンスは日常の社会生活、月は遠くにある芸術の理想。主人公は株のディーラーの暮らしを棄て、パリの裏町、辺境の植民地タヒチへ、ヨーロッパ社会の通念の箍をひたすら外し続けていきます。モンマルトルの屋根裏やタヒチ密林の小屋住まいの感じが、デティール豊かに描かれてます。

約4年前

71e6ec47 210c 4981 b1b4 119aef0baddfBe95d78f 8108 4eff 8194 cfddaac041cbIcon user placeholder 20