41r0agwa7vl

あるパーティで出会った、冴えない男ストリックランド。ロンドンで、仕事、家庭と何不自由ない暮らしを送っていた彼がある日、忽然と行方をくらませたという。パリで... 続き

コメント

ストリックランド的な生き方も悪くないのか

その他のコメント

自身の欲望に忠実な、周囲を破滅に導く酷い男。
しかし何故だろう。生物として美しいと思ってしまう。

ジャケ買いした本。人を傷付けても 人生 好きなように生きた方が いいのかなと 考えさせられた。

読者

B202f626 0795 4027 99ca 47cba8606095B65c3b44 b07f 4728 8a73 f235eba2f9353907dacf 6ac7 4fb4 9c94 b5dd2298a1250023de40 54f1 41ba ba84 80dbfed96b7c98c17f47 4c70 4349 a025 b711718c129eB083d82d ced2 4f90 9964 d87eeecae7ff77404981 fc50 4a53 a1a2 da9d0bba4746Ada2923b d590 4ba5 b44b a8caf1f8497a 105人

サマセット・モームの本

月と六ペンス

月と六ペンス

2c5dfb8e fbd8 4eee bb68 12fdbde93acf

__ppp

読んだ本と好きなフレーズ

夫を取り戻したいのは愛しているからなのか、人の陰口が怖いからなのか。

11か月前

Ce97f46b 2ccc 4f39 befe c3b9094a0dc88aa4f57f eccf 4fa7 81aa 401766b543de77d0db05 0cfb 4d3f ae0d a2dd0c2182a4
要約すると

要約すると

931bc4b3 9cb5 48bb bed7 5c071e9c434a

スエヒロケイスケ

劇作家らしき仕事してるが物書きら…

モームは月と六ペンスしか読んでないので、このひとのことあまり知らなかったのですが、劇作家だったんだすね。しかしモームが劇作を離れ、小説に戻ることにした動機、理由は、実はすごく共感できる。しかしこのひとはカッコイイ。奢らず謙虚で、正しくあろうとする。吃音があったから身の程をわきまえるように育ったんだ。

2年前

雨・赤毛

雨・赤毛

F6dfa475 f015 477a a2a7 177e44d57124

nishitanabe1987

ほんがすき

長い結婚生活の経験から、彼は最後の言葉を妻に言わせておくことが、平和をもたらす最上の方法であることを体得していたのだp11

2年前

Icon user placeholderBf3a6a27 ed72 46e7 9110 2e469f537c03B28d8472 e447 4a77 ba3d b9897eb56eca 10
サマセット・モーム全集剃刀の刃1

サマセット・モーム全集剃刀の刃1

47e08e49 e5c0 4a11 90c6 db62baeca62a

inoue

Webエンジニア

1944年、作者70歳のときの作品。絶版になっている小説ですが、ほとんど偶然読んで面白かったです。空軍パイロットになって友人を亡くしたアメリカ人青年が、婚約者も家も捨てて、パリやドイツの炭鉱や、流浪の生活を続けるのですが、単純な放浪小説というより、彼が置き去りにした婚約者やその家族の、上流階級からの視点で書かれています。たまにその主人公がふらっと現れるという、フーテンの寅さんみたいな趣き。やがてインドまで行って、またアメリカに帰る、ヒッピームーブメントをはるかに早く予言した作品でもあります。

約3年前