Icon stand

ストアでダウンロード

Btn appstore Btn googleplay
51c6igk%2blxl

コメント

生まれ変わりは誰のためなのか?
遺された人にとってはかえって残酷なものかもしれない。
どんな不幸も引きずることなく一旦断ち切る、死は、あるいは優しいのかもしれない。

二種類の死に方。
自分は死んで子孫を残す道。
月のように、死んでも何回も生まれ変わる道。
愛する人に会いたい。想い。
受入る人と受け入れ難い人のそれぞれの人生。

欠けた月がやがて満ちるように、生まれ変わってもあなたに会いたい。ほぼ執念と化した想いをとげるため、生まれ変わりを繰り返したという瑠璃。果たして7歳の少女の言うことを、どれだけ信じればいいのか。混乱に包まれるオトナ達を尻目に、瑠璃はただただ愛する人に会いたいだけ。そして悲劇が繰り返されるなら、生まれ変わりは誰を幸せにするのだろう?
周囲に溢れる様々なシグニチャーは、誰かからのサインかもしれない…。

生まれ変わりがもしも本当にあるのだとしたら、とても辛いことなのかも。信じてもらえないと思っていた相手が、結局一番踊らされ、人生を狂わされていく。信じようとしていた人や当人ではなく。

自分の思いを成し遂げようとするなら純愛
他人を思い遣るなら身勝手すぎる愛執
植物のような生まれ変わり
月のような生まれ変わり
私ならどちらを選ぶだろう
彼はどちらを望むだろう

読者

705a3186 26f6 4491 b78f 518c621045c5F1cbc8fe 8677 45c1 b00f 1bf7f89ad113B6efce8b bc9a 4c64 b3f8 4c287e7cd2c800a6cf1a c5e2 4331 ad04 f26bd088f92096b36c63 1597 423c 8ee0 6c7e0309275bF98b2efc 84e3 4f27 9d0c 18e0105cfed8B1af5e4a 6068 44f8 b225 e7a3c5704390Icon user placeholder 36人

佐藤正午の本