51c6igk%2blxl

コメント

もう一度読み返してみたくなる。ミステリーっぽい素敵な恋物語でした。

その他のコメント

生まれ変わりは誰のためなのか?
遺された人にとってはかえって残酷なものかもしれない。
どんな不幸も引きずることなく一旦断ち切る、死は、あるいは優しいのかもしれない。

二種類の死に方。
自分は死んで子孫を残す道。
月のように、死んでも何回も生まれ変わる道。
愛する人に会いたい。想い。
受入る人と受け入れ難い人のそれぞれの人生。

読者

9bba20e9 4127 422a 8876 1e23386ff4e85cd558ef 0244 4de3 a51a 6bca5de4fd1689f691a9 f020 41fa b05f 5e39ad0486e865b89b30 f891 4d14 89af d24e21e2fbc684d1a374 bc29 4c2e b929 01982e9a9690B1b8e38a 2a97 405c bd87 57ebbe3ba121Icon user placeholder22b3a3bf 0bd7 4c5a a63b da875268a8e7 42人

佐藤正午の本