51c6igk%2blxl

コメント

何かが違っていたら、と思わずにいられないけど、すれ違っていなければこんなに光を放たなかった気がする。そこから生まれた歪みさえ愛しい、この感情は切なさなんだと思う。
私にとって大切な一冊になりました。

その他のコメント

生まれ変わりは誰のためなのか?
遺された人にとってはかえって残酷なものかもしれない。
どんな不幸も引きずることなく一旦断ち切る、死は、あるいは優しいのかもしれない。

二種類の死に方。
自分は死んで子孫を残す道。
月のように、死んでも何回も生まれ変わる道。
愛する人に会いたい。想い。
受入る人と受け入れ難い人のそれぞれの人生。

読者

217f198e fa1b 4762 a43f 418c31991828865986ab 3889 4155 b42d c9b0bfd9481eDaa0a7b8 9d45 400b 953e c54a388ba659A84a3e34 edb5 4a44 b161 0741247b3409Icon user placeholderB81813b6 473e 46cd 90d2 a98ad0bc98f4Df852618 57e2 45ec a0ec 9dca94eca5adDdf758a1 22d1 47e7 8e05 75c17bd826be 56人

佐藤正午の本

鳩の撃退法 上

鳩の撃退法 上

Bbe7ac86 1927 4179 96ce a5abeeefd167

muic

きろく

先が気になるのにはぐらかせ、はぐらかせ、読者の気持ちをわかっていてうまく翻弄させるような、手のひらで転がされてるような気持ちになります。続きが気になる。

約1年前

5cd558ef 0244 4de3 a51a 6bca5de4fd168d3de15f f544 43c0 b58e a05495a144a897a324dc 0c61 4901 b94b c33e24c3f351 28