31pwqmenbml

コメント

2022年、フランスにイスラム政権が誕生。ファシストかイスラム主義か。キリスト教国には苦渋の決断だが、人々は適応していく。否、イスラム主義の寛容さに翻弄されているのかもしれない。ユイスマンス研究者である大学教授フランソワの視点で、逃げ出すユダヤ人、動き出すアラブ国家が淡々と描かれる。特に政治に興味を持たない彼が、いつの間にかイスラム主義の柔軟性に絡めとられる様に妙なリアリティがある。『0嬢の物語』を例に「服従」が肯定されるくだりには、つい納得してしまいそうだ。さて、本名を伏せられた翻訳者はあの人だろうか。

その他のコメント

シミュレーション小説としての精度は、自分にはよくわからない。ただ、その精緻な記述を自ら裏切る、ウエルベックらしい〈性〉へのスタンスは、逆にかっこいい。ラストには笑ってしまいました。

2022年。
フランスにイスラム政権が誕生。
急速にイスラム化するフランスの異常な様子を、政治や国を一歩引いた場所で見ている、大学教授である主人公目線で話が進む。
しかし、最後は主人公も‥
怖っ
国立学校と私立イスラム学校の逆転とか。

読者

E0e892cb ca8e 4b41 b043 f671e77f5dc53bf4db9a 7533 4c1c 8782 8c0734cfc6625faa07dd 879c 4597 8380 96e9cbad2a6c1852c7f9 c8a3 4c55 bfe9 81a2fc5cd664E3ae656b 89a1 48db 9b5d 86eed26786e5Icon user placeholderIcon user placeholder9dc3540c a31c 4c1d a2dd 1c230af1c919 32人

ミシェル・ウエルベックの本

闘争領域の拡大

闘争領域の拡大

Bd7f804d 269c 4fdb 8949 ea8a16c87175

True

学生

経済の自由化のように、セクシュアリティも自由化した現代。経済的に勝ち組でありながら、性のヒエラルキーにおいて「下」である主人公。

4か月前

プラットフォーム

プラットフォーム

Afbad0e2 07ad 46e4 9eb8 de2357ec1535

まさと

ちょこちょこと読む

ヒロインのヴァレリーが非モテ男子にとっての理想像過ぎる。愛しちゃった。この小説を読んでいる間中ヴァレリーを愛してたって胸を張って言える。だからこそ、ラストで心が大きく揺れてしまった。 いつも通り愛の話であることに変わりはない。今回のスパイスはセックス観光、東アジアなどにおける買春について。つまりは人間の欲望について。

12か月前

服従

服従

978030b8 5d27 45ce a8ec ef18a8f163c2

山奥

花屋 植物担当 から転職 書店員…

2017年仏大統領選の最中に文庫化 ルペン氏VSマクロン氏のニュースを横目に、どっちが現実かわからなくなりながら読みました 何事も、想像してみるのって大切

1年前

5c1b05f0 62fe 4b7d a54a 2b164b088498Dbb8f88f 405c 45e1 babd a664f14a104fA7c28a86 8f38 4505 a5b1 0290d15f3b57
闘争領域の拡大

闘争領域の拡大

Afbad0e2 07ad 46e4 9eb8 de2357ec1535

まさと

ちょこちょこと読む

愛をください。 非モテ、しかも頑張る非モテに対する同情が溢れ出る。そこでハタと気がつく。この非モテの頑張ってないバージョンが自分であるということに。アッアッ。ぼく、このままだとヤバいかも......ウァーー。 金の不平等より愛の不平等の方がタチが悪い。

1年前

5d143a93 54d7 40d1 b75f 7543ef55d3b7Fdb069c4 bb99 45e7 9099 ff17980e35deE4f9a33d 0ee5 4e1d 9973 331e43dd85d2