514c qkjwdl

耽美派小説の巨匠、重松時子が薬物死を遂げてから、四年。時子に縁の深い女たちが今年もうぐいす館に集まり、彼女を偲ぶ宴が催された。ライター絵里子、流行作家尚美... 続き

コメント

2時間ほどで一気に読んでしまった。現実と非現実の匙加減が絶妙で、読後感が案外爽やか。面白かったです

読者

5dea9ea7 3b46 460b b509 8ca9f558f7d2Icon user placeholderF143c58e da2c 4359 afbe 6c6c34153112242810c2 8f91 46d4 9b1c a8aa10baddaaB409f101 98ab 40dc 8d4b 068d4ec5ef32 5人

恩田陸の本

錆びた太陽

錆びた太陽

Abb8e1fe aa2b 43fc a57f 7c4ac75ca141

はる

、。

ちょっと無茶な設定なのに、ユーモアがあってすごい面白かったけど、 なんとなく最後が。。

18日前

0a83a93d 9ec1 4e05 814d 21cb4749c69f842ddbda 401c 438a ab02 eac060e27fd4Icon user placeholder
蜜蜂と遠雷(上)

蜜蜂と遠雷(上)

E8319e75 d2bd 4c56 994c c52b8e12988a

あやこうちゃ

読書は心の旅

読みたいと思っていた本が、文庫本で出ていたので即購入。クラシックの知識が全くなくても、その世界にグイグイ引き込まれ、夢中で読めました! 実際にピアノの曲を聴きながら、もう一度じっくりと読みたいと思った。

4か月前

A9abbf8f 4ed6 443c 8672 c542ce9bd696354e20b4 1841 4138 975e d73c9796cdccC70c8950 1f52 41ea 83f8 44049d97ec04 28