514c qkjwdl

耽美派小説の巨匠、重松時子が薬物死を遂げてから、四年。時子に縁の深い女たちが今年もうぐいす館に集まり、彼女を偲ぶ宴が催された。ライター絵里子、流行作家尚美... 続き

コメント

2時間ほどで一気に読んでしまった。現実と非現実の匙加減が絶妙で、読後感が案外爽やか。面白かったです

読者

5dea9ea7 3b46 460b b509 8ca9f558f7d2Icon user placeholderF143c58e da2c 4359 afbe 6c6c34153112242810c2 8f91 46d4 9b1c a8aa10baddaaB409f101 98ab 40dc 8d4b 068d4ec5ef32 5人

恩田陸の本

祝祭と予感

祝祭と予感

Ca7b5bd3 81fd 4de2 a5f2 a19c195d572b

Kei Kawakami

I love books

「蜜蜂と遠雷」の映画を見た帰りに、本屋で見かけて、即読了。続きが読みたいと思わせるスピンオフ。この本が第二章のプロローグであることを切に願わずにいられない。

5日前

2af949e2 ba82 4727 ac32 bf9af12ccb90Dfef7516 1e74 450e be73 a1a3de27c93eIcon user placeholder
蜜蜂と遠雷(上)

蜜蜂と遠雷(上)

927c5efd 7a13 46f6 927b 8041cbb07718

プクプク

本がすき

ピアノのコンクールに出場する天才たちのお話 いい音楽って何なんだろうか 音楽を愛するひとの永遠のテーマ 音の描写を読みながら、音を想像する 美しい音の流れが、新たな世界の扉を開く それぞれのコンテスタントの世界が あまりに輝いているので 結果なんかどうでもいいから その音楽を聴かせてほしい そんな気持ちになってしまうお話です(^^)

7日前

D4989c5a 319c 466e a02f ec0bcd557aefAaa44b68 d736 48b4 bc15 f33cf39d36cd223d686c e90a 4c80 b62d c8ae107e0fd9 45