41v5uumecul

耽美派小説の巨匠、重松時子が薬物死を遂げてから、四年。時子に縁の深い女たちが今年もうぐいす館に集まり、彼女を偲ぶ宴が催された。ライター絵里子、流行作家尚美... 続き

コメント

絶対的な人を中心に置く感じがこの人らしくて好き

その他のコメント

恩田陸さんの本で1番最初に読んで、1番好きな作品。
映画も秀逸だったと思う。
何よりも、恩田陸さんの作品は出てくる食べ物が美味しそう!

休日の前の晩に一気に読みたいような小説。

読者

B44317f5 fee0 41dd 9ce3 48445584adf16bb06d30 3e14 42e6 bed6 45adc97f7d06D6ccf8be 3e9a 4954 a19a 32116cce0d6eB8c2e030 0301 4465 b70f 9864d0ec5538E60d665d 8e63 47e5 bc6f 9b04dae698caIcon user placeholder4e1c3589 2eb0 464c bd94 6d3a5133c1cc75979b9d 65f7 4445 a7b4 41fb5e93f4c8 24人

恩田陸の本

劫尽童女

劫尽童女

Fdc3df73 6ecc 4500 ae67 df733823d09f

ぐーるど

半世紀、本を読んでる

「蜜蜂と遠雷」を読んでから恩田陸さんのファンになってしまった。特殊な能力を持つ少女、遥。追いかける秘密組織との闘い。劫尽とは世界の破滅をいう。 恩田陸さん曰く、「SFというのは、世界と直面し始める思春期に、自分と世界について考えるための絶好の手掛かりであり、永遠の青春小説でもある。」あとがきより

2か月前

八月は冷たい城

八月は冷たい城

A2d0b282 e632 4433 97af bdf521d93f3e

らいこ

ファンタジー好きな、雑食読みの積…

『七月に流れる花』の続編に位置付けられるお話。 『七月に〜』でお城自体の秘密が明かされた後の、「みどりおとこ」の秘密の話。

5か月前

B409f101 98ab 40dc 8d4b 068d4ec5ef32920b0282 2ef3 4ce4 94aa f963c9b6650eIcon user placeholder 9
七月に流れる花

七月に流れる花

A2d0b282 e632 4433 97af bdf521d93f3e

らいこ

ファンタジー好きな、雑食読みの積…

隠されていた謎は、寂しくて悲しいものでした。 かくしていたものは、優しい優しい嘘でした。 しっとりとした物語。 真夏の日差しの中で読み返したいな。

5か月前

F60f649a 83fa 45fb aafe bcf6a4abf8acA79a3eb1 108c 41f6 9191 3ec772c8110bB409f101 98ab 40dc 8d4b 068d4ec5ef32 11