51znimmfi7l

舞台は、アパートの一室。別々の道を歩むことが決まった男女が最後の夜を徹し語り合う。初夏の風、木々の匂い、大きな柱時計、そしてあの男の後ろ姿-共有した過去の... 続き

コメント

タイトルも知らない深夜の映画をなんとなく見終えた気分。情景描写が多く、しつこく感じられるところもあったがさらりと読める。

その他のコメント

短めで読みやすい。ミステリーだと思うと少し物足りないかも。恋愛小説とも少し違うような…。あるポイントからの霧が晴れるような展開が良い。

読者

66840c0d e215 4d42 9e76 2e39cb92489c36dfb5e0 462e 4a23 bbfd be7d893c8f60Abb8e1fe aa2b 43fc a57f 7c4ac75ca1414ac434fc fa99 46cf bce3 071e73212a9e6c297c28 f15b 4bd1 b046 0af57a8709c9E1bcb276 3ad6 4c8c 87fa 8e8b0e77dd5aIcon user placeholderIcon user placeholder 126人

恩田陸の本

八月は冷たい城

八月は冷たい城

A2d0b282 e632 4433 97af bdf521d93f3e

らいこ

ファンタジーとハッピーエンドが大…

『七月に流れる花』の続編に位置付けられるお話。 『七月に〜』でお城自体の秘密が明かされた後の、「みどりおとこ」の秘密の話。

約1か月前

Icon user placeholderIcon user placeholder382ac57a 4c2e 47c1 aeed a9c97d224dd8
七月に流れる花

七月に流れる花

A2d0b282 e632 4433 97af bdf521d93f3e

らいこ

ファンタジーとハッピーエンドが大…

隠されていた謎は、寂しくて悲しいものでした。 かくしていたものは、優しい優しい嘘でした。 しっとりとした物語。 真夏の日差しの中で読み返したいな。

約1か月前

Icon user placeholder9534efea 5f58 4a6a 8c81 a144fedb68271b6c4080 a829 4171 938b 0ef1cf374c52