51znimmfi7l

舞台は、アパートの一室。別々の道を歩むことが決まった男女が最後の夜を徹し語り合う。初夏の風、木々の匂い、大きな柱時計、そしてあの男の後ろ姿-共有した過去の... 続き

コメント

タイトルも知らない深夜の映画をなんとなく見終えた気分。情景描写が多く、しつこく感じられるところもあったがさらりと読める。

その他のコメント

短めで読みやすい。ミステリーだと思うと少し物足りないかも。恋愛小説とも少し違うような…。あるポイントからの霧が晴れるような展開が良い。

読者

417ad0f2 8ab6 4d0c 85e6 021846ebd3c650ff831e bff4 4d10 a926 08b8593996ff66b38508 5a46 4f97 a0fb 87ff00c4b34aIcon user placeholder3bb135fa 3fa6 4bca 860f 1151c8225bda562d0a4a cc5c 44ac 8bd7 55e9d865b49aC9416021 ddcd 4549 a615 2e95cc0f62acDa3b1879 4d03 4418 b1a0 b96928ed83e1 152人

恩田陸の本

劫尽童女

劫尽童女

08501375 464b 47c9 88b3 a9e0ed2e7343

ぐーるど

定年過ぎても勤めから解放されない…

「蜜蜂と遠雷」を読んでから恩田陸さんのファンになってしまった。特殊な能力を持つ少女、遥。追いかける秘密組織との闘い。劫尽とは世界の破滅をいう。

13日前

八月は冷たい城

八月は冷たい城

A2d0b282 e632 4433 97af bdf521d93f3e

らいこ

ファンタジー好きな、雑食読みの積…

『七月に流れる花』の続編に位置付けられるお話。 『七月に〜』でお城自体の秘密が明かされた後の、「みどりおとこ」の秘密の話。

3か月前

B409f101 98ab 40dc 8d4b 068d4ec5ef32920b0282 2ef3 4ce4 94aa f963c9b6650eIcon user placeholder 9
七月に流れる花

七月に流れる花

A2d0b282 e632 4433 97af bdf521d93f3e

らいこ

ファンタジー好きな、雑食読みの積…

隠されていた謎は、寂しくて悲しいものでした。 かくしていたものは、優しい優しい嘘でした。 しっとりとした物語。 真夏の日差しの中で読み返したいな。

3か月前

A79a3eb1 108c 41f6 9191 3ec772c8110bB409f101 98ab 40dc 8d4b 068d4ec5ef32920b0282 2ef3 4ce4 94aa f963c9b6650e 10