51znimmfi7l

舞台は、アパートの一室。別々の道を歩むことが決まった男女が最後の夜を徹し語り合う。初夏の風、木々の匂い、大きな柱時計、そしてあの男の後ろ姿-共有した過去の... 続き

コメント

その他のコメント

短めで読みやすい。ミステリーだと思うと少し物足りないかも。恋愛小説とも少し違うような…。あるポイントからの霧が晴れるような展開が良い。

読者

Bb13ac41 2d1e 49e0 a1d1 88fd96068d7c7a943f7a e1d2 45e2 a2e6 0478f4cb950197a324dc 0c61 4901 b94b c33e24c3f351A12a5249 b612 4153 9316 2db5f8c38361B07d5f9b 9d10 4fca 86b0 7d27ef416947997406f4 ecb7 4d9d b1db fdfb1ebebed8C33c1e51 bba5 4cfe b834 3624c7f452c3C27a058c b01c 44e0 b9c2 714fea8cc2f0 119人

恩田陸の本

八月は冷たい城

八月は冷たい城

A2d0b282 e632 4433 97af bdf521d93f3e

らいこ

ファンタジーとハッピーエンドが大…

『七月に流れる花』の続編に位置付けられるお話。 『七月に〜』でお城自体の秘密が明かされた後の、「みどりおとこ」の秘密の話。

8日前

Icon user placeholder382ac57a 4c2e 47c1 aeed a9c97d224dd8Icon user placeholder
七月に流れる花

七月に流れる花

A2d0b282 e632 4433 97af bdf521d93f3e

らいこ

ファンタジーとハッピーエンドが大…

隠されていた謎は、寂しくて悲しいものでした。 かくしていたものは、優しい優しい嘘でした。 しっとりとした物語。 真夏の日差しの中で読み返したいな。

10日前

Icon user placeholder9534efea 5f58 4a6a 8c81 a144fedb68271b6c4080 a829 4171 938b 0ef1cf374c52