51znimmfi7l

舞台は、アパートの一室。別々の道を歩むことが決まった男女が最後の夜を徹し語り合う。初夏の風、木々の匂い、大きな柱時計、そしてあの男の後ろ姿-共有した過去の... 続き

コメント

その他のコメント

短めで読みやすい。ミステリーだと思うと少し物足りないかも。恋愛小説とも少し違うような…。あるポイントからの霧が晴れるような展開が良い。

読者

D90aebb2 cc38 47cf 97b4 cd69dea3f0f5C17e5ddf fd7c 4655 a028 d401a2587f88F143c58e da2c 4359 afbe 6c6c34153112Cb292262 5d04 49b0 a83b 2c35d1bc843b4dc45e58 ea2b 4509 8f80 51dbfe67f5e9147b636e f7bc 4dcd b95b 758ad1e4092eD6ccf8be 3e9a 4954 a19a 32116cce0d6e007b2062 83bd 431b 8702 9dc14032d264 159人

恩田陸の本

蜜蜂と遠雷(上)

蜜蜂と遠雷(上)

E8319e75 d2bd 4c56 994c c52b8e12988a

あやこうちゃ

読書は心の旅

読みたいと思っていた本が、文庫本で出ていたので即購入。クラシックの知識が全くなくても、その世界にグイグイ引き込まれ、夢中で読めました! 実際にピアノの曲を聴きながら、もう一度じっくりと読みたいと思った。

22日前

F6ce8cbd 7ea3 4a38 a61d e21fefccd250Ae690d6b 917b 49a0 a666 75d8f1d9a63dCee9898e 9704 47ce 97e2 a3a55b47bfd7 10
劫尽童女

劫尽童女

Fdc3df73 6ecc 4500 ae67 df733823d09f

ぐーるど

半世紀、本を読んでる

「蜜蜂と遠雷」を読んでから恩田陸さんのファンになってしまった。特殊な能力を持つ少女、遥。追いかける秘密組織との闘い。劫尽とは世界の破滅をいう。 恩田陸さん曰く、「SFというのは、世界と直面し始める思春期に、自分と世界について考えるための絶好の手掛かりであり、永遠の青春小説でもある。」あとがきより

3か月前